イチョウ(銀杏)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

イチョウ(銀杏)の花言葉や種類、特徴をご紹介します。秋になると葉が黄色に色づくイチョウ(銀杏)並木は出かけていきたい観光スポットとして全国的で人気。

 

イチョウ(銀杏)の花言葉

イチョウ(銀杏)の花言葉は「荘厳」、「長寿」、「鎮魂」。 

 

イチョウ(銀杏)について

科・属 イチョウ科イチョウ属
和名 銀杏、公孫樹、鴨脚樹
英名 Ginkgo Maidenhair Tree
学名 Ginkgo biloba 
原産地 中国
開花期 4月~5月

 

イチョウ(銀杏)の特徴

扇型の葉をしている落葉高木のイチョウ(銀杏)は、全国で街路樹としてよく使われています。黄色く色づく紅葉の景色はとても見事で、イチョウ(銀杏)の街路樹は秋の観光スポットとしても人気があります。イチョウ(銀杏)の実であるギンナンは料理の素材として人気がありますが、実がなる季節はなんとも言えない匂いが発生するため、街路樹として植栽されるのは雄株のイチョウ(銀杏)が多いようです。

東京の木は、都民投票で「イチョウ(銀杏)」に決定し、 昭和41年11月14日発表されました。

大正12年に発生した関東大震災では、一面焼け野原となった東京で奇跡的に生き残ったとして、今も大手濠緑地で大切に育てられているイチョウ(銀杏)の木があります。

イチョウ(銀杏)は雌雄異株(しゆういかぶ)

イチョウ(銀杏)には雌株と雄株があります。イチョウ(銀杏)の種子である銀杏(ぎんなん)が出来るのが雌株で、花のみが雄株です。イチョウ(銀杏)は裸子植物なので、雌株の種になる胚珠が裸状態で花の中にあります。

花は4月~5月頃に咲き、雄株から花粉が飛散します。たとえ1kmほど離れていても雌株に届けば、雌株の花にある胚珠の花粉室に雄株の花粉が蓄えられます。すぐに受精は起こらず、そのまま胚珠も花粉も4ヶ月くらい生長します。9月~10月頃数個の精子が放出され、花粉室から造卵器に入り、ここでイチョウの受精が完成します。

11月頃に種子に熟成しますが、受精していなくても銀杏の実は肥大して食用になります。雌株1本でも銀杏の実がたくさんなるのは、このように花粉がなくても胚珠が肥大する性質(単為結果性)のためです。

イチョウ(銀杏)の雌株雄株の見分け方

樹形で見分ける

雄株のイチョウ(銀杏)

雄株のイチョウ(銀杏)

イチョウ(銀杏)の樹形は雄株と雌株で違います。雄株は上に高く伸びようとする樹形。雌株は枝を横に広げようとする樹形をしています。

ただ、街路樹の剪定されている樹形では自然の樹形とは違ってしまい、間違う可能性があるのでご注意ください。

花で見分ける

イチョウの雄花

イチョウの雄花

花の形が雌株と雄株で異なるため、花が咲いたら確認することができます。雌花は、花の頭が2個に分かれた形をしており(稀に3個のときもある)、雄花はブドウのようなつぶつぶとした形をしています。4月~5月頃の花の時期にご覧になってみてください。

 

▼イチョウ(銀杏)の関連情報

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「イチョウ(銀杏)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス