ワレモコウ(吾亦紅)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ワレモコウ(吾亦紅)の花言葉や種類、特徴をご紹介!ワレモコウ(吾亦紅)赤茶の丸い花穂が可愛く、風にそよぐ華奢な姿に風情を感じる植物。日本では華道や茶道の世界でも古くから愛されてきました。

 

ワレモコウ(吾亦紅)の花言葉

ワレモコウ(吾亦紅)の花言葉

「ワレモコウ(吾亦紅)」の花言葉は「変化」「愛慕」。

 

ワレモコウ(吾亦紅)について

科・属 バラ科・ワレモコウ属
和名 吾亦紅
英名 Great Burnet
学名 Sanguisorba officinalis
原産地 日本、アジア、ヨーロッパ、北米
開花期 6月~10月頃

 

ワレモコウ(吾亦紅)の特徴

ワレモコウ(吾亦紅)の特徴

ワレモコウ(吾亦紅)は日当たりの良い草原や山、川辺に自生する多年草。日本では北海道から九州に分布しています。

ワレモコウ(吾亦紅)は花期になると、枝分かれした細い茎の先に長さ1~2㎝ほどの花穂をつけます。花穂の色は茶色に近い赤色で、草丈は50~160㎝ほどになります。ワレモコウ(吾亦紅)の葉は細長い楕円形でギザギザとした切れ込みがあり、株元に羽状につきます。

ワレモコウ(吾亦紅)は耐寒性、耐暑性に優れていて手をかけなくてもよく育ちます。花穂は晩秋まで美しく、冬に地上部を枯らせて冬越しし、春に再び芽吹きます。庭植えや寄せ植えのアクセントとして使ったり、切り花としても人気があります。

ワレモコウ(吾亦紅)の花穂の愛嬌のある姿が何とも愛らしく、そんなワレモコウ(吾亦紅)の姿に由来して「愛慕」の花言葉が付きました。また「変化」という花言葉は、上から下に向かって順に花を咲かせることにちなむと言われています。

ワレモコウ(吾亦紅)の学名Sanguisorba officinalisの「Sanguisorba」とは、ラテン語で「血」と「吸収する」という意味があります。これはワレモコウの根にタンニンが含まれ、古くから止血効果のある薬とされていたことが由来とされています。「officinalis」は「薬用効果のある」という意味があり、薬草の種類であることがわかります。

 

ワレモコウ(吾亦紅)の種類

ワレモコウ(吾亦紅)の花穂の色は茶色に近い赤色が一般的ですが、白花種もあります。その他にも花穂が長いもの、斑入り品種、草丈20~30㎝の矮性品種などがあり、矮性品種には「屋久島ワレモコウ」「済州島ワレモコウ」「タンナ(丹那)ワレモコウ」などがあります。

ハーブの一種であるサラダバーネットもワレモコウ(吾亦紅)の仲間で、よく見るとワレモコウ(吾亦紅)によく似た葉をしています。サラダバーネットは日本の多湿に弱く、夏の蒸れで枯れてしまいがちですが、寒冷地や風通しの良い場所で管理することで長く楽しむことができます。

 

ワレモコウ(吾亦紅)の詳しい育て方はこちら


ワレモコウ(吾亦紅)の関連記事はこちら

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ワレモコウ(吾亦紅)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス