秋に使いたい「吾亦紅(ワレモコウ)」の生け方や花あしらい

大野茜

大野茜

このライターの記事一覧

公開日 :

吾亦紅(ワレモコウ)は8月のお盆が過ぎたあたりから生花市場には秋を告げる花として流通し始めます。古くから生け花などで親しまれてきた可愛らしい吾亦紅(ワレモコウ)を暮らしに取り入れてみませんか。

目次

吾亦紅(ワレモコウ)の特徴

沢山に枝分かれしたその先に赤い穂をつける吾亦紅(ワレモコウ)。夏の厳しい暑さが落ち着いて、心地よい涼しさを感じられる頃に里山や草原などの日当たりの良い場所で見つけることができます。

沢山に枝分かれしたその先に赤い穂をつける吾亦紅(ワレモコウ)。夏の厳しい暑さが落ち着いて、心地よい涼しさを感じられる頃に里山や草原などの日当たりの良い場所で見つけることができます。

 

花にしては独特なフォルムをしていますが、枝の先に穂のような形で小さな花が詰まっています。通常花は下から上に咲きあがることが多いのですが、吾亦紅(ワレモコウ)は上から下に咲き進んでいく有限花序という咲き方をします。また、あずき色に色づいた花は花弁ではなく葉が変形した萼となります。枝の節目から伸びる葉は楕円形で鋸状のギザギザした形をしています。秋を代表する花として生け花では古くから生けられてきたもので、吾亦紅(ワレモコウ)を見るだけで秋を感じる方も少なくはありません。

花にしては独特なフォルムをしていますが、枝の先に穂のような形で小さな花が詰まっています。通常花は下から上に咲きあがることが多いのですが、吾亦紅(ワレモコウ)は上から下に咲き進んでいく有限花序という咲き方をします。また、あずき色に色づいた花は花弁ではなく葉が変形した萼となります。枝の節目から伸びる葉は楕円形で鋸状のギザギザした形をしています。秋を代表する花として生け花では古くから生けられてきたもので、吾亦紅(ワレモコウ)を見るだけで秋を感じる方も少なくはありません。

目次に戻る≫

吾亦紅(ワレモコウ)の種類や流通について

吾亦紅(ワレモコウ)の種類は

吾亦紅(ワレモコウ)はバラ科のワレモコウ属です。種としては2cmから7cmほどの花穂をつけるナガボノワレモコウ、若い葉を食用とするサラダバーネットが有名です。

サラダバーネット

  • サラダバーネットは、ヨーロッパでは古くから親しまれているハーブの一つです。化学薬品のなかった時代は、薬草として傷口に止血止めとして使われていました。

    サラダバーネットの葉は、キュウリに似た爽やかな香りがします。サラダやスープの風味付け、お茶の他、クリームチーズやバターなどに練り込んで、ハーブバターとして使うこともできます。

    サラダバーネットは日本に自生するワレモコソウの仲間で、生育環境さえ合えばとても育てやすいハーブのひとつです。サラダバーネットの葉のふちは、ギザギザとした波上の形態で、ロゼット状に広がりながら生育します。

    サラダバーネットの開花期は主に初夏で、細長い茎を伸ばし球状の緑色のがくから、赤いひも状の雄しべを出します。

    サラダバーネットはタイム、ミント、パセリ、ナスタチウムと相性がよく、コンパニオンプランツになります。

吾亦紅(ワレモコウ)の流通している品種

普段私たちが花屋さんなどで目にする吾亦紅(ワレモコウ)の約85%は在来種になります。濃いあずき色で輪数がより多くつくように品種改良された’朝霧’や、ナガボノワレモコウの品種で’アイズオトメ’なども流通しています。

早切りをしてしまうと水揚げが悪くなるので、花穂が十分色づいてから切ると切り花として長く楽しめます。また、流通している品種は早生種などもあり、秋の花として知られていますが7月頃から少量ながら流通することがあります。流通は9月のピークを迎え10月頃にはほぼ終了となります。

目次に戻る≫

古くから親しまれてきた吾亦紅(ワレモコウ)

吾亦紅(ワレモコウ)は「吾亦紅」、「吾木香」などと書かれているのをよく目にすると思いますが、漢名は「地楡」という字をあてます。奈良時代のころは根を乾燥させ止血などに用いる生薬として「地楡」として知られていました。平安時代には紫式部が「物げなき風情とわれもこう」と源氏物語の中で綴っていることもあり、地楡に代わりその名を吾亦紅(ワレモコウ)に定着させたと言われています。

他にも、花に見える4つの萼が木瓜紋が4つに割れたように見えることから「割木瓜」、花の見た目が坊主の頭のように見えることから「坊主花」、花によくトンボが止まることから「蜻蛉花」などと呼ばれます。様々な呼び方で多くの人たちに親しまれてきたことが伺えます。

吾亦紅(ワレモコウ)

  • 吾亦紅(ワレモコウ)は、バラ科の多年草です。晩夏から秋にかけて日当たりのいい野原や川辺に咲く山野草です。その華奢で風にそよぐ草姿は風情があり、茶花にも使われています。

    吾亦紅(ワレモコウ)の花は、茶色に近い赤花が一般的ですが、白花種もあります。草丈は50㎝~160㎝ほどになり、華奢な茎先を枝分かれさせて複数の花を咲かせます。吾亦紅(ワレモコウ)の花のように見える部分は、花びらの無い1~2㎝程度の小さな花穂です。葉は楕円形で、ギザギザとしたノコギリの葉のような切れ込みがあり、その形は羽毛のようにも見えます。改良品種には斑入り葉の品種もあります。

    サラダバーネットというハーブは、この吾亦紅(ワレモコウ)の仲間で、よく見ると吾亦紅(ワレモコウ)に良く似た葉をしています。サラダバーネットは日本の多湿に弱く、夏の蒸れで枯れてしまいがちですが、寒冷地や風通しの良い場所で管理することで長く楽しむことが出来ます。

目次に戻る≫

 

吾亦紅(ワレモコウ)の楽しみ方いろいろ/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋に使いたい「吾亦紅(ワレモコウ)」の生け方や花あしらい」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大野茜
大野茜

福岡生まれ福岡育ち。幼い頃よりフラワーアレンジに親しみ、ブライダルフラワーコーディネーターとして切り花装飾の仕事に従事。ブライダルの現場に立つ傍ら国際園芸博覧会の専門スタッフとして赴任。花植物の魅力や文化をより多くの人々に知ってもらえるよう様々な植物の楽しみ方を発信していきます。行く先々で花みどりに真っ先に目が行く体質で、気づけば脳内は緑に溢れています。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ