ハマダイコン(浜大根)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ハマダイコン(浜大根)の花言葉や種類、特徴をご紹介!ハマダイコン(浜大根)は、海や川沿いの砂地に自生する植物。春に群生して一面に咲き誇っている美しい景色をよく見かけます。

 

ハマダイコン(浜大根)の花言葉

「ハマダイコン(浜大根)」の花言葉は「ずっと待っています」。

 

ハマダイコン(浜大根)について

科・属 アブラナ科ダイコン属
和名 浜大根
英名 east Asian wild radish
学名 Raphanus sativus var. raphanistroides
原産地 日本、朝鮮
開花期 4月~6月

 

ハマダイコン(浜大根)の特徴

ハマダイコン(浜大根)は日本全国の海や川沿いの砂地に自生する多年草。野菜のダイコンと同じアブラナ科の植物でがありますが、ハマダイコン(浜大根)の根は細くて野菜のダイコンとは全く異なります。ハマダイコン(浜大根)は食用や漢方に用いられます。

ハマダイコン(浜大根)の花色は薄紫色から白色で、大根の花に似ています。花径は2㎝ほどです。草丈は30~70 cmくらいで、群生して咲きます。咲く前の花芽はおひたしに使えると言われています。

ハマダイコン(浜大根)は花後、ぷっくりした豆のような実(種)ができます。春にできた実(種)は食べることができ、大根おろしのような辛い味がするそうです。

ハマダイコン(浜大根)の葉は塩漬けや炒め物に使えると言われています。

ハマダイコン(浜大根)の根は細くて繊維質が多く、野菜のダイコンのように美味しいものではありませんが、おろすと大根おろしよりさらに辛い大根おろしになるそうです。

ハマダイコン(浜大根)の花言葉「ずっと待っています」は、浜辺で咲くハマダイコン(浜大根)の姿が海の向こうへ旅立ってしまった大切な人の帰りをじっと待つ女性のように見えることに由来しています。

 

ハマダイコン(浜大根)の詳しい育て方はこちら

ハマダイコン

  • ハマダイコンは日本の沿岸部の砂地や河原に自生する、アブラナ科ダイコン属の越年草です。栽培用ダイコンが野生化したものというよりも、外来種の野生ダイコンが帰化植物となったと考えられているようです。 春に薄紫色がかった白い花を咲かせます。花びらは4枚、30~70㎝程度伸ばした花茎の先に、薄紫色の菜の花のような花を咲かせます。群生していることが多いので、一面にハマダイコンが咲き誇っている景色に出会うこともあります。 葉や花はダイコンにそっくりですが、根は太くなりません。ハマダイコンの細く白い根はダイコンのように食用にはなりません。花や葉、種子は食べることも出来るようです。食用にする際は調べてから調理してください。


ハマダイコン(浜大根)の関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ハマダイコン(浜大根)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス