ユリオプスデージーの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ユリオプスデージーの花言葉や種類、特徴をご紹介!ユリオプスデージーは、花の少ない季節に明るい黄色い花を次々と咲かせる植物。丈夫で育てやすく、鉢植えや庭植えによく使われています。

 

ユリオプスデージーの花言葉

「ユリオプスデージー」の花言葉は「夫婦円満」「明るい愛」。

 

ユリオプスデージーについて

科・属 キク科・ユリオプス属
和名 ユリオプスデージー 
英名 Euryops daisy
学名 Euryops pectinatus
原産地 南アフリカ 
開花期 11月~4月

 

ユリオプスデージーの特徴

ユリオプスデージーはマーガレットに似た可愛い黄色い花(花径3~4㎝ほど)を次々と咲かせる常緑低木。ポット苗のときは草花のような見た目ですが、徐々に茎が木質化して低木(樹高90~100㎝)に変化していきます。晩秋から春までの長期間花を咲かせます。葉や茎には細毛が生えていて、全体が銀白色に見えます。

ユリオプスデージーは耐寒性があまり高くありませんが、霜が強く当たらない場所では戸外で冬越しできるので大株に育っている姿をよく見かけます。

ユリオプスデージーは特に病害虫の心配もなく、丈夫で育てやすい植物です。日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。挿し木で増やすことができます。

ユリオプスデージーの学名についているEuryopsには「大きな目をもつ」という意味があり、花の形が大きな目のように見えたことからつけられたと言われています。

ユリオプスデージーの花言葉「夫婦円満」は、こんもりと丸く育つ姿やたくさんの花が寄り集まって穏やかに咲いている姿にちなんでいます。「明るい愛」は、ユリオプデージーが明るい黄色の花を群生する姿が周りを明るくすることからつけられました。
 

ユリオプスデージーの種類

ユリオプスデージーの種類としては、一般的に出回っている一重咲きの品種のほか、八重咲きの品種があります。いずれも花色は黄色です。葉色も一般的な銀白色ではなく、緑葉の品種(ユリオプスデージーボビー)も流通しています。

ユリオプスデージーによく似たものに、同じユリオプス属ですが葉に細毛がなく光沢がある、マーガレットコスモスがあります。

 

▼ユリオプスデージーの詳しい育て方はこちら

ユリオプスデージー

  • ユリオプスデージーは秋から春にかけて、マーガレットに似た黄色い可愛らしい花を咲かせます。一重咲きの他、八重咲き種も流通しています。ユリオプスデージーは常緑の低木で、植え付けて間もないころは草花のような姿をしていますが、何年か経つと主軸の茎は木化してきます。

 

▼ユリオプスデージーの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ユリオプスデージーの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス