ベニバナトチノキの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

ベニバナトチノキの花言葉や種類、特徴をご紹介。ベニバナトチノキは、初夏にピンクの華やかな花を咲かせるトチノキ科の落葉高木。

 

ベニバナトチノキの花言葉

ベニバナトチノキの花言葉は、「博愛」、「贅沢」、「天分」、「天才」。

 

ベニバナトチノキについて

科・属 トチノキ科・トチノキ属
和名 紅花栃の木
英名 Red horse-chestnut
学名 Aesculus carnea
原産地 園芸品種
開花期 4月~5月

 

ベニバナトチノキの特徴

ベニバナトチノキ

ベニバナトチノキは、ヨーロッパ原産のセイヨウトチノキ(マロニエ)と北アメリカ原産のアカバナアメリカトチノキの交雑によって作出された園芸品種。4月の後半から5月にかけて、華やかなピンク色の円錐花序の花が開花します。高さが10m以上になる高木にたくさんの花が開花するため、開花時はひときわ華やかな雰囲気です。比較的若いうちから花をつけ、開花の過程で花色が変化するため、微妙な色合いが美しく、最近は街路樹や公園樹として植栽されています。

5~7つに裂けた掌状の葉も美しく、開花時は明るい緑色とピンクの花の色合いがとても華やかです。秋には黄葉した後、落葉します。

 

ベニバナトチノキとセイヨウトチノキ(マロニエ)との違い

セイヨウトチノキは、フランス語名で「マロニエ」と呼ばれています。ベニバナトチノキは、ヨーロッパ原産のセイヨウトチノキと北アメリカ原産のアカバナアメリカトチノキの交雑によって作出された園芸品種なので、片親に当たりますが植物としては別種です。

ただし、「マロニエ通り」、「マロニエ広場」という名で、セイヨウトチノキが植栽されていることが多いようです。開花時の花の華やかさが植栽として好まれるているのかもしれません。

両者の大きな違いは花の色です。ベニバナトチノキはピンク、セイヨウトチノキ(マロニエ)は白い花が咲くので、開花時に確認するのがわかりやすいでしょう。

 

▼編集部のおすすめ


 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ベニバナトチノキの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】観葉植物 パキラ 6号 スプラウトエコポット付き

販売価格: 8,250 円(税込)

【送料無料】5種類から選べる 観葉植物 2個セット アクアテラポット ベーシックボウル10.5 <パキラ・ガジュマル・サンスベリア・フィカスプミラ・シュガーバイン>

販売価格: 5,500 円(税込)

【送料無料】マクラメハンギング付きポット フレボディウム・アウレウム(ブルースター)

販売価格: 5,280 円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス