ヒマワリ(向日葵)の育て方|植物図鑑

植物名
ヒマワリ(向日葵)
学名

Helianthus 

英名
Sunflower
和名
向日葵
科名
キク科
属名
ヒマワリ属
原産地
北アメリカ

ヒマワリ(向日葵)の特徴

ヒマワリは、北アメリカ原産の一年草で、すくっと立ちあがった茎から太陽のような大輪の花をつけます。草丈の高いものばかりをイメージしがちですが、品種改良によって草丈10センチほどのプランター向きのものや八重咲き品種などもあり、バラエティに富んでいます。

ヒマワリの花は、いわゆる花びらの部分はその1枚1枚が独立した花(舌状花)でおしべはありません。また黒っぽい中心部分もひとつひとつが花(筒状花トウジョウカ)で、こちらはおしべとめしべの両方を持つため、タネが出来ます。学名のヘリアンサスは「太陽の花」という意味で、漢字で書くと「向日葵」となります。

ヒマワリ(向日葵)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~2m程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 黄、オレンジ、白など
開花時期 7月~9月頃

ヒマワリ(向日葵)の種類

ヒマワリ 東北八重

ヒマワリ 東北八重

ヒマワリ モネ

ヒマワリ モネのヒマワリ

IMG_5235

ヒマワリ ビンセントネーブル

ヒマワリ

ヒマワリ ビンセントクリアオレンジ

ヒマワリ

ヒマワリ ビンセントクリアレモン

ヒマワリ サンリッチバレンシア

ヒマワリ サンリッチバレンシア

ヒマワリ サンリッチ オレンジ

ヒマワリ サンリッチオレンジ

ヒマワリ 

ヒマワリ サンリッチレモン

ヒマワリ レモネード

ヒマワリ レモネード

ヒマワリ プロカットレッド

ヒマワリ プロカットレッド

ヒマワリ プロカットプラム

ヒマワリ プロカットプラム

ヒマワリ(向日葵)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
肥料
開花

ヒマワリ(向日葵)の栽培環境

日当たり・置き場所

ヒマワリは太陽が大好きな花です。日当たりと風通しの良い場所に植えましょう。風通しが悪いと、病害虫の害にあいやすくなります。

用土

ヒマワリは、土質を特に選ばなくても育つ丈夫な花です。土地が肥えているなら肥料がなくても育ちます。

鉢植えのヒマワリは、水はけが良く、排水性と適度な保水性のある土が適しています。市販の草花用培養土に腐葉土か堆肥を混ぜ込むとよいでしょう。

ヒマワリ(向日葵)の育て方のポイント

水やり

ヒマワリの水やりは、表面の土が乾いたらたっぷりと水を与えます。いつもじめじめしているのは嫌いなので、水のやりすぎには注意しましょう。

肥料

植え付け時に元肥として緩行性肥料を施します。以後、使用している肥料の追肥の時期のタイミングを守って追肥を行います。肥料が切れると下葉が黄色く枯れこんでくるので目安にしましょう。

病害虫

梅雨時にべと病にかかりやすくなります。確認でき次第薬剤散布を行います。できれば株元にマルチングをして土壌からの感染を防げるとよいでしょう。害虫はハダニやオンシツコナジラミが発生しやすいです。どちらも見つけたら薬剤散布で駆除します。

ヒマワリ(向日葵)の詳しい育て方

選び方

ヒマワリの苗は、初夏~8月ごろまで出回っています。本葉が5~6枚までが移植のタイミングなので、苗を購入する際は、あまり大きくなりすぎていないものを選びましょう。苗の選び方は、葉っぱが生き生きとした緑色で、つぼみがついているもの、花や葉の表と裏をよく見て病害虫の害がないかをチェックして、健康な苗を選ぶようにします。

種まき

ヒマワリは種から育てることも比較的簡単です。最近は色々な品種があるので、こだわった色や咲き方のヒマワリを育ててみたい方は種から育ててみてはいかがでしょうか。

ヒマワリは高性種から矮性種など、丈も様々です。また、1本立ちで咲くタイプから分枝して咲くタイプのものなど、生長の仕方も色々とあるので、自分の栽培スペースにあわせた背丈、生長の仕方のヒマワリを選びましょう。

ヒマワリを直まきする場合は深さ1~2センチ程度の穴をあけて種を2~3粒まきます。株間は高性種は50~60センチ、普通種は15~20センチ程度あけるとよいでしょう。時期は発芽適温が20度から25度と高めなので、4月下旬以降に種まきをします。

ヒマワリは嫌光性なので、種まきは必ず覆土をすることが大切なポイントです。種には、発芽に光が必要なものと光を嫌うものがあります。ヒマワリのような光を嫌うタイプの種は、光を直接受けていると発芽しません。種をまいたら土をかぶせるのがポイントです。

ヒマワリの摘芯
本葉が5~6枚くらいになったら、芽の先を摘むと脇芽が出て丈が抑えられた花数の多い株になります。その分、ひとつひとつの花は小さくなります。ただし、1茎1花の1本立ちタイプのヒマワリは摘芯は行いません。最近の品種は、分枝性のものや矮性種もあって、摘芯をしないでも枝分かれしてたくさんの花が咲くものもあります。それらは摘芯の必要はありません。

植え付け

ヒマワリは太陽が大好きな花です。日当たりと風通しの良い場所に植えましょう。風通しが悪いと、病害虫の害にあいやすくなります。

ヒマワリの性質で覚えておいた方がよい性質があります。それは、ヒマワリは直根性の根の性質であることです。移植を嫌うので、何度も植え替えたりすることはできないと思った方がよいでしょう。ポット苗から植え替える時は、根を触らないように注意して植え替えます。

剪定・切り戻し

分枝性のタイプのヒマワリは、花が終わったら花がらを摘んで、その下にある花に栄養を回すようにしましょう。

植え替え・鉢替え

ヒマワリは一年草なので植え替えの必要はありません。

夏に開花します。夏は嵐や台風など気象が激しい日もあるので、丈の高い品種のヒマワリは、支柱などで固定しておきましょう。

収穫

ヒマワリの種を収穫したい場合は、花がらを摘まずにそのままにしておくと、中心部分が種となります。

夏越し

ヒマワリは暑さに強い花なので、特に対策を取る必要はありません。夏は、嵐や台風など、気象が激しい日もあるので、丈の高い品種のヒマワリは、支柱などで固定しておきましょう。

冬越し

ヒマワリは一年草なので秋までの寿命なので冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ヒマワリは種で増やすことができます。

ヒマワリの種は、開花後、約1.5ヶ月~2ヶ月かけて種になります。葉が次第に枯れ、花首が徐々に下を向いてきたら種ができ始めている合図です。色は最初の頃の色より黒っぽくなり、固くなってきたら花茎ごと収穫して数日間、天日干しをして乾燥させます。乾燥後、トウモロコシを一粒一粒取るときの要領で種を取り出します。

取り出したヒマワリの種は、完全に乾燥させるために再度天日干しで数日乾燥させます。この処理が甘いと、カビが生えたりするので注意しましょう。収穫した種は密閉容器や袋に入れて冷暗所で保存します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング