モロヘイヤの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
モロヘイヤ
学名

Corchorus olitorius

英名
Nalta jute
和名
モロヘイヤ
別名・流通名
タイワンツナソ、ナガミツナソ、ジュート
科名
シナノキ科
属名
コルコルス属
原産地
北アフリカ原産、中近東

モロヘイヤの特徴

アジア~アフリカ北部の熱帯で広く栽培されている野菜で、日本には1980年代から栽培されるようになりました。

高温や乾燥に強い夏野菜で、砂漠地帯でも生育する貴重な野菜です。

空芯菜(クウシンサイ)とともに葉物野菜の作りづらい夏の時期に栽培できる貴重な野菜です。病害虫にも比較的に強く、自生力の強い丈夫な植物です。
モロヘイヤという名前の由来には、アラビア語で「王家のもの」という意味があります。それは古代エジプトの王様が病気になった際、モロヘイヤのスープを飲むと回復したことが由来だそうです。エジプトで王家といえばクレオパトラ。彼女もこのモロヘイヤのスープを飲んでいたのかもしれません。

モロヘイヤの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 50~150cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色
開花時期 9月

種の再利用

モロヘイヤは、信頼できる種苗会社から販売されている種から育てると、秋になると花が咲き、種を採取することが出来ます。自家採取した種を翌年にまいて育てることが出来ますので、チャレンジしてみて下さい。

種や莢について気を付けていただきたいこと

秋になると黄色い花がつきはじめ、莢をつけます。莢や種にはストロファンチジンという有毒物質が含まれいるので、絶対に食べないように気を付けて下さい。種袋の裏にもそのことが記載されていますので、今一度確認しましょう。

尚、誤って摂取しますと食欲不振、起立不能、下痢、嘔吐やめまいなどの症状がおこり、最悪の場合死に至ることもあると言われています。昔、モロヘイヤの種と莢は弓矢の毒として使われていたそうです。必ずお子様の手の届かないところに保管しましょう。

比較的トラブル知らずで元気に育ち、5か月間程の長い間収穫でき、しかも栄養価も高いだなんて最高ですね。是非モロヘイヤを育てて、お手軽で健康的な夏を過ごしましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング