2月10日の誕生花|沈丁花(ジンチョウゲ)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

2月10日の誕生花は「沈丁花(ジンチョウゲ)」です。「沈丁花(ジンチョウゲ)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

2月10日の誕生花

2月10日の誕生花は「沈丁花(ジンチョウゲ)」。

「沈丁花(ジンチョウゲ)」の花言葉は「栄光」「勝利」。

 

沈丁花(ジンチョウゲ)について

科・属  ジンチョウゲ科・ジンチョウゲ属
和名  沈丁花
英名  Daphne
学名  Daphne odora
原産地  中国
開花期  3月~4月

 

沈丁花(ジンチョウゲ)の特徴

沈丁花(ジンチョウゲ)は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。ジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に外側が桃色で内側が白色の小さな花が塊になって枝先に咲きます。樹高は1m~1.5mほどで、枝が良く分岐するので特に剪定をしなくても丸くこんもりとした樹形を保ちます。この木の特徴はやはり香り高い花。「沈丁花」という名前は、花の香りが沈香に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。原産は中国と言われており、室町時代にはすでに栽培されていたという記述があります。沈丁花は雌雄異株で、雄株と雌株があります。日本で流通しているものの多くは雄株ですので実を見る機会はめったにありませんが、赤い可愛らしい実を付けます。ただし、実は猛毒ですので口に入れないように注意しましょう。

 

沈丁花(ジンチョウゲ)の種類

沈丁花(ジンチョウゲ)の花は、白色に赤みを帯びた小花が固まって咲く種類が最も多く、白い花を咲かせるシロバナジンチョウゲ、緑色の葉に斑が入ったフクリンジンチョウゲ、赤く丸い実を楽しむミナリジンチョウゲなどがあります。

 

沈丁花(ジンチョウゲ)の香り

沈丁花(ジンチョウゲ)は梔子や金木犀と並んで三大香木の1つとされています。沈丁花はその中でも一番遠くにまで香りが届くといわれ、その香りには100種類以上の成分が含まれているそう。

沈丁花(ジンチョウゲ)は香水や化粧品にも利用されていますが、アロマオイルは花びらや根には毒があることや、安定した抽出が出来ないことなどからほとんど販売されていません。

▼沈丁花(ジンチョウゲ)の育て方など詳しい情報はこちら

沈丁花(ジンチョウゲ)

  • 沈丁花(ジンチョウゲ)は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花(ジンチョウゲ)、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。沈丁花(ジンチョウゲ)はジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に小さな花が毬のような塊になって枝先に咲きます。

    花が白い品種を「シロバナジンチョウゲ」、花の外側が淡紅色になっているものを「ウスイロジンチョウゲ」と言います。ちなみに、葉の外側に斑が入っているものを「フクリンジンチョウゲ」と呼びます。

    沈丁花(ジンチョウゲ)の樹高は1m~1.5mほどで、枝が良く分岐するので特に剪定をしなくても丸くこんもりとした樹形を保ちます。

    沈丁花(ジンチョウゲ)の特徴はやはり香り高い花。「沈丁花」という名前は、花の香りが沈香(ちんこう)に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。

    沈丁花(ジンチョウゲ)の原産は中国と言われており、室町時代にはすでに栽培されていたという記述があります。

    沈丁花(ジンチョウゲ)は雌雄異株で、雄株と雌株があります。日本で流通しているものの多くは雄株ですので実を見る機会はめったにありませんが、赤い可愛らしい実を付けます。ただし、実は猛毒ですので口に入れないように注意しましょう。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2月10日の誕生花|沈丁花(ジンチョウゲ)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ