ジンチョウゲ(沈丁花)の育て方|植物図鑑

植物名
ジンチョウゲ(沈丁花)
学名
Daphne odora
英名
Daphne,Winter Daphne
和名
沈丁花
科名
ジンチョウゲ科
属名
ジンチョウゲ属
原産地
中国

ジンチョウゲ(沈丁花)の特徴

沈丁花は香り高い花を咲かせる春の代表的な樹木で、春の沈丁花、夏の梔子、そして秋の金木犀を合わせて三大香木と称されます。ジンチョウゲ科の常緑低木で、春先に小さな花が塊になって枝先に咲きます。

花が白い品種を「シロバナジンチョウゲ」、花の外側が淡紅色になっているものを「ウスイロジンチョウゲ」と言います。ちなみに、葉の外側に斑が入っているものを「フクリンジンチョウゲ」と呼びます。

沈丁花の樹高は1m~1.5mほどで、枝が良く分岐するので特に剪定をしなくても丸くこんもりとした樹形を保ちます。

沈丁花の特徴はやはり香り高い花。「沈丁花」という名前は、花の香りが沈香(ちんこう)に似ていることと、十字型の花が丁子(クローブ)に似ていることに由来しています。

原産は中国と言われており、室町時代にはすでに栽培されていたという記述があります。

沈丁花は雌雄異株で、雄株と雌株があります。日本で流通しているものの多くは雄株ですので実を見る機会はめったにありませんが、赤い可愛らしい実を付けます。ただし、実は猛毒ですので口に入れないように注意しましょう。

ジンチョウゲ(沈丁花)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 1~1.5m
耐寒性 普通
耐暑性 普通
耐陰性 やや強い
花色 白、淡紅色
開花時期 3~4月

ジンチョウゲ(沈丁花)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

ジンチョウゲ(沈丁花)の栽培環境

日当たり・置き場所

沈丁花は生長が遅く、移植を嫌う植物です。地植えの場合は西日が当たらない半日陰~日向に植えるようにしましょう。沈丁花は光が足りないと花がつかないので注意しましょう。耐寒性はあまり高くないですが、東北地方南部までは地植えが可能です。冬場に水が氷るような寒い地域では、むしろ(藁やイグサなどの草で編んだ敷物)で寒さ除けをすると葉が痛みません。

用土

水はけの良い土であれば特に選びません。水はけが悪い土地に植える場合は植え付ける場所を深く掘り、軽石を敷いて埋め戻した後に植え付けると良いでしょう。鉢植えの沈丁花は、小玉~中玉の赤玉土と腐葉土を混ぜたものを使用すると良いです。

ジンチョウゲ(沈丁花)の育て方のポイント

水やり

地植えの沈丁花は根が張って安定すると特に水を与えなくても育ちます。ただ、他の植物よりも細根が発達せず、水の吸収が悪い植物ですので、夏場など雨がほとんど降らない時期や植えて間もないころは、土が乾燥したら水をたっぷり与えます。鉢植えの沈丁花も土を乾燥させないように水を与えましょう。

肥料

沈丁花は特に肥料を与えなくても毎年花は咲きますが、花後の4月~5月、そして株が成長する9月に緩効性の肥料を株の周りに与えます。また、寒肥として2月に油かすと骨粉を等量混ぜたものか市販の有機肥料を与えると、花の時期に株が弱るのを防いでくれます。

病害虫

害虫はアブラムシが新芽の部分に付きやすいので注意が必要です。アブラムシに吸汁されると花や葉が異常な形になることもあるので、早めに駆除剤などで駆除するようにしましょう。 病気は根の部分に白い菌糸が生える白紋羽病と白絹病、葉に小さな黒点がでる黒点病、葉が縮れるモザイク病がみられます。黒点病やモザイク病はアブラムシによって媒介されることが多く、感染してしまうと治りにくく枯れてしまうこともあります。アブラムシをきちんと駆除し、病気の発生初期であれば、罹患した葉や枝を取り除きます。白紋羽病は地際の部分から感染して根を犯し、突然枯死してしまいます。地際の部分を傷つけないことと、定植する時に土を消毒すると予防できます。また、ずっと土が湿っている状態は白紋羽病を発生させやすくしますので、過度な水やりは控えるようにしましょう。発生してしまった場合は治療は困難ですので、周りの土ごと株を処分します。

ジンチョウゲ(沈丁花)の詳しい育て方

選び方

沈丁花の苗を購入する場合は節が詰まっていて、青々とした健康的な葉が枝の根元の部分まできちんとそろっているものを購入するようにしましょう。苗が弱っていると落葉していたり、葉が黄色くなっていることがあります。斑入りの品種の場合は斑の境目がくっきりと分かれているのが良い株です。また、根が傷ついていると株が弱る原因になりますので、鉢の下から綺麗な根が生えていることを確認します。地堀り苗を購入する場合は根の部分が大きくまとめられている株の方が根が傷ついていません。太い根を切ってしまっているような株は避けましょう。

種まき

日本で栽培されている沈丁花はほとんど雄株ですので実をつけることはありません。ただ、最近では雌株や両性花を咲かせる株が販売されていることもあり、まれに実を付ける株もあります。実が赤く熟したら外側の果肉の部分を水でていねいに洗い流します。果肉の部分は有毒なので口や目に入らないように注意しましょう。種は肥料分の入っていない小玉の赤玉土にまき、軽く覆土します。乾燥させずに管理すると翌年の2~3月頃発芽します。

植え付け

沈丁花は生長が遅く、移植を嫌う植物です。地植えの場合は西日が当たらない半日陰~日向に植えるようにしましょう。耐寒性はあまり高くないですが、東北地方南部までは地植えが可能です。定植する場合は元肥を入れ、根を切らないように植え付けます。鉢植えの沈丁花は根鉢を崩さず、根を傷つけないように注意しながら植え付けます。

剪定・切り戻し

沈丁花は特に剪定をしなくても自然に樹形が整いますが、枝が込み合うと蒸れて病気が発生しやすくなるので、花後すぐに込み合った部分の枝を間引き剪定します。間引いた枝は挿し穂にしましょう。また、太い枝を切ると枯れ込むことがあるので強剪定は避け、どうしても切らなければならない時は切った後に癒合剤を塗って保護してあげます。また、6月~7月にかけて次の年の花芽が作られますので、夏以降に剪定を行うと花が咲かなくなってしまうので注意が必要です。

植え替え・鉢替え

沈丁花は移植が難しいので、なるべく移植はしません。

沈丁花は3~4月ごろ、強い香りを放つ小花を枝先につけます。この香りで春を感じるという方も多いほど花姿より香りの存在が強い植物です。

冬越し

沈丁花は冬場に水が氷るような寒い地域では、むしろ藁やイグサなどの草で編んだ敷物で寒さ除けをすると葉が痛みません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

間引いた枝で挿し木が容易にできます。後代を育成しましょう。

沈丁花の花は花ではない?

沈丁花の「花」と言いますが、厳密にはあの花に見える部分は花ではなく「がく」で、本当の花弁はありません。このような植物はアジサイやクレマチス、ソバなど身近な植物にも多くあります。花は昆虫や鳥などに花粉を運んでもらうための目印となる器官です。おそらく進化の過程で花があることをよりアピールするためにがくが花弁のような形になったと言われています。特に沈丁花は虫の少ない春先に開花するので、香りとともに内側の真っ白ながくでたくさんの虫を集めるためにあのような花の形になったと考えられます。

沈丁花は美人短命、挿し木で次の代を育てましょう

沈丁花を育てていると20~30年で急に枯れてしまうことがあり、花木の中では寿命の短い植物です。また、病気になってしまうと突然葉が落ち始め、みるみるうちに枯れてしまうこともあります。沈丁花は実をほとんど付けませんが、挿し木で容易に増やすことができるので挑戦してみて下さい。挿し木の適期は花の終わった頃から初夏にかけてです。昨年の花後から伸びた枝を斜めに切り、小玉の赤玉土に挿します。水を切らさないように育て、下から根がのぞき始めたら定植しましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング