新生活グリーン特集

3月16日の誕生花|クチナシ(ガーデニア・梔子)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

3月16日の誕生花は「クチナシ(ガーデニア・梔子)」です。「クチナシ(ガーデニア・梔子)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

3月16日の誕生花

3月16日の誕生花は「クチナシ(ガーデニア・梔子)」。

「クチナシ(ガーデニア・梔子)」の花言葉は「とても幸せです」「優雅」。

 

クチナシ(ガーデニア・梔子)について

科・属  アカネ科・クチナシ属
和名  梔子
英名  Cape jasmine
学名  Gardenia jasminoide
原産地  亜熱帯、日本、台湾、中国、インドシナの温帯
開花期  6月~7月

 

クチナシ(ガーデニア・梔子)の特徴

「クチナシ(ガーデニア・梔子)は、アカネ科クチナシ属の常緑低木で、果実は漢方としても利用されています。初夏ごろに6枚の花びらをもつ白い花を咲かせます。葉はつやつやしていて葉脈がはっきりとしています。お庭に植えられる方も多い木ですが大体1m前後が多く、大きくなると2mほどにもなります。こんもりと枝が詰まって成長するので、生垣に好まれます。花は3~4年経ってからでしか咲きませんが、何とも言えないとても甘い香りがします。

 

クチナシ(ガーデニア・梔子)の種類

よく見られる「クチナシ(ガーデニア・梔子)よりも少し小ぶりな「コクチナシ」「ヒメクチナシ」と呼ばれる種類や、花が大きく八重咲きで香りの強い品種、花が黄みをおびた品種、葉が丸みをおびている品種などがあります。

 

クチナシ(ガーデニア・梔子)のもつ甘い香りの魅力

「クチナシ(ガーデニア・梔子)の花はジャスミンに似たような強い甘い香りがするため、英語で「ケープジャスミン」と呼ばれているようです。このケープというのはアフリカの喜望峰(ケープオブグッドホープ)のことです。

アメリカでは、男性が女性へダンスのお誘いとして贈る花で、「クチナシ(ガーデニア・梔子)の甘い香りが女性の喜びや幸せを表しているといわれています。

 

「クチナシ(ガーデニア・梔子)は「口無し」?

「クチナシ(ガーデニア・梔子)は、果実が熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったようです。また、クチナワ(ヘビ)しか食べない果実という意味から「クチナシ」に変化した、ともいわれていて、嫁に行った時には、女の子がいる家は植えてはいけない風習もあったようです。

▼「クチナシ(ガーデニア・梔子)の育て方など詳しい情報はこちら

クチナシ(梔子・くちなし)

  • クチナシは常緑低木で、葉は光沢のある長い楕円で濃緑色で葉脈がはっきりとしています。花は6月~7月に白色の花を咲かせます。花弁はフェルトのような優しい風合いをしています。香りが特徴的で甘い香りを周囲に漂わせます。

    花の形は八重咲と一重咲きがあり、一重咲きの品種は秋になると橙色の実をつけ、熟しても口を開かない事から「クチナシ」の名が付いたと言われています。

    お庭に植えられる方も多い木ですがだいたい1m~2mにほどになります。枝が詰まって葉が育つ為、垣根としてに好まれます。また、『山吹の 花色衣 主や誰 問へど答へず くちなしにして(秋が過ぎ、冬が来ても一向に口を開けない)』という歌が由来の原点ともいわれています。

▼「クチナシ(ガーデニア・梔子)の関連記事

▼関連ワード

「3月16日の誕生花|クチナシ(ガーデニア・梔子)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ