4月18日の誕生花|スターチス(リモニウム)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

4月18日の誕生花は「スターチス(リモニウム)」です。「スターチス(リモニウム)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

4月18日の誕生花

4月18日の誕生花は「スターチス(リモニウム)」。

「ススターチス(リモニウム)」の花言葉は「変わらぬ心」「永遠に変わらない」。

ピンクのスターチスの花言葉は「永久不変」。

淡紫のスターチスの花言葉は「上品」。

青紫のスターチスの花言葉は「知識」。

 

スターチス(リモニウム)について

科・属  イソマツ科・イソマツ属
和名  花浜匙
英名  Statice、Limonium
学名  Limonium sinuatum
原産地  ヨーロッパ
開花期  5月~6月

 

スターチス(リモニウム)の特徴

スターチス(リモニウム)は、イソマツ科の一年草または多年草で、花期は5月~6月ですが、切り花としては1年中流通しています。

スターチス(リモニウム)の花に見える色がついている部分は萼(がく)で、実際の花は白い部分です。萼の部分は散ることなく長期間色褪せずに残るため、ドライフラワーとしても人気があります。

 

スターチス(リモニウム)の種類

スターチス(リモニウム)の野生種は砂漠や荒れ地に自生し、園芸種をふくめると世界で約150品種以上が存在しています。

スターチス(リモニウム)の花色は青やピンク、黄色、白、紫、赤などがあり、中の花が白ではなく、黄色や青の品種もあり、花の大きさにもバリエーションがあるのでコーディネートするのに使いやすく、花が長持ちすることからも花束などでプレゼントしやすい花です。ここ最近、「アンティークモーヴ」などのニュアンスカラー系の新色も登場し、ますます種類が豊富になっています。

 

スターチス(リモニウム)の花束

スターチス(リモニウム)は茎が大きく広がり、花数も多いので花束にボリュームが出しやすい花材です。真夏でもとても日持ちがする花材なのも人気の理由のひとつです。

存在感のある脇役としてコーディネートしたり、気軽に日常家庭で楽しんだり、仏花としても重宝されています。スターチス(リモニウム)は広がるような草姿なので、花の向きを考えていくつかに分けて束ねるとまとまりやすいでしょう。

 

スターチス(リモニウム)のドライフラワー

スターチス(リモニウム)は、もともとカサカサして水分が少ないため、初心者でも簡単にドライフラワーを作ることができます。切り花としてしばらく楽しんだら、束ねて花を下向きにし、風通しの良い室内に吊るして飾ってみましょう。少し時間が経過すると色がやや褪せてきますが、ナチュラルなインテリアとして楽しむことができます。

 

▼スターチス(リモニウム・ハナハマサジ)の育て方など詳しい情報はこちら

スターチス(リモニウム・花浜匙)

  • 地中海原産の半耐寒性多年草ですが、園芸的には一年草として扱います。ドライフラワーになる花としてよく知られ、リモニウムと呼ばれるほか和名はスターチスやハナハマサジと呼ばれます。草丈60センチ~90センチで紫色の花のように見える部分は花弁ではなく漏斗状のがくで、本来の花は内側にあり、白または黄色で小さいため目立ちません。がくは青紫色のほか黄、桃色、白色など多様にあります。株全体に粗毛がみられ、葉は根元から羽のように切れ込みが入った形をしています。花壇植物よりも切り花としての流通量が多く、園芸品種も多く作出されています。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「4月18日の誕生花|スターチス(リモニウム)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス