1月18日の誕生花|レンギョウ(連翹)

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

1月18日の誕生花はレンギョウ(連翹)です。レンギョウ(連翹)について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

1月18日の誕生花

1月18日の誕生花はレンギョウ(連翹)。

レンギョウ(連翹)の花言葉は「希望」「希望の実現」

 

レンギョウ(連翹)について

科・属  モクセイ科・レンギョウ属
和名  連翹
英名  Forsythia Golden bells
学名  Forsythia suspensa
原産地  中国
開花期  3月~4月

 

レンギョウ(連翹)の特徴

レンギョウ

レンギョウ(連翹)は華やかな黄色い花で春の訪れを知らせる落葉低木。早春に萌芽するより先に枝に花を咲かせ、花が終わるころから葉が出てきます。葉はやや細長く、葉の先半分がギザギザしています。

 

レンギョウ

レンギョウ(連翹)は地際から多くの枝を出し、2~3mの高さで株立ちする性質があるため生け垣などに刈り込んで仕立てられることもあります。種類によって直立しやすいか、枝垂れやすいか違いがありますが、枝が長く伸びて垂れ下がるタイプのレンギョウ(連翹)は、地面に付いた場所に根をおろす性質もあります。

一般にレンギョウ属の植物を総称してレンギョウ(連翹)と呼んでいて、レンギョウ属は中国大陸、朝鮮半島および日本に自生しています。

レンギョウの黄金色の花が春に一斉に咲く姿を見ると、人々が心弾む気持ちになることから「希望」「希望の実現」という花言葉が付けられたと言われています。

学名に含まれるForsythiaとは、イギリスの植物学者フォーサイスの名前にちなんでいます。

 

レンギョウ(連翹)の種類

レンギョウ(連翹)の名前で、シナレンギョウとチョウセンレンギョウ、その交配品種が出回っています。

シナレンギョウは直立した樹形になり、長く伸びた一部の枝は枝垂れます。チョウセンレンギョウの樹形は横に広がりやすく、先端は枝垂れて這うように伸びます。

 

▼レンギョウ(連翹)の詳しい育て方はこちら

レンギョウ(連翹)

  • レンギョウは、春の訪れを黄金色の花で華やかに告げる落葉低木。地際から多くの枝を出し、2~3mの高さで株立ちする性質から、刈り込んで生垣に仕立てられることもあります。長く伸びた枝先は垂れさがり、地面に付くとそこから根をおろす性質があります。早春に萌芽するより先に、前年枝に黄金色の花を咲かせ、花冠は直径2.5cmほどで4つに深く裂けるように分かれます。花が終わるころから葉が展開します。 同じレンギョウ属に類似種が多数ありますが、枝が空洞なことから区別が出来ます。中国やヨーロッパ各地でもレンギョウ属は多く植栽され、春の訪れを感じる花として人気があります。


▼レンギョウ(連翹)の関連記事はこちら



 

▼366日誕生花一覧

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「1月18日の誕生花|レンギョウ(連翹)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス