1月18日の誕生花|レンギョウ(連翹)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

1月18日の誕生花は「レンギョウ(連翹)」です。「レンギョウ(連翹)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

1月18日の誕生花

1月18日の誕生花は「レンギョウ(連翹)」。

「レンギョウ(連翹)」の花言葉は「希望」「希望の実現」。

 

レンギョウ(連翹)について

科・属  モクセイ科・レンギョウ属
和名  連翹
英名  Forsythia Golden bells
学名  Forsythia suspensa
原産地  中国
開花期  3月~4月

 

レンギョウ(連翹)の特徴

レンギョウ(連翹)は春の訪れを黄金色の花で華やかに告げる落葉低木です。地際から多くの枝を出し、2~3mの高さで株立ちする性質から生垣などに刈り込んで仕立てられることもあります。枝は長く伸びて垂れさがり、地面に付くとそこから根をおろす性質があります。早春に萌芽するより先に前年枝に黄金色の花を咲かせ、花冠は直径2.5cmほどで4つに深く裂けるように分かれます。花が終わるころから葉が展開します。同じレンギョウ属に類似種が多数ありますが、枝が中空なことから区別が出来ます。中国やヨーロッパ各地でもレンギョウ属は多く植栽され、春の訪れを感じる花として人気があります。

 

レンギョウ(連翹)の種類

シナレンギョウはレンギョウによく似ていますが垂れる枝は少なく、開花とほぼ同時に葉芽が芽吹く点が異なります。またレンギョウは枝が中空なのに対しシナレンギョウは中空ではありません。 レンギョウとシナレンギョウの種間雑種に園芸品種が多くあり、サイズの小さいものや大輪で大型になるものがあります。

 

レンギョウをいけるときのコツ

レンギョウ(連翹)は春の花木の中でも枝ぶりがさまざまです。枝先が湾曲したものやつる状になったもの、直立したまっすぐな枝などがあります。枝の中が空洞になっているので折れやすく、ためが効きませんので生けるときには自然の枝ぶりをよく見極めて枝の動きを強調するように生けるとよいでしょう。レンギョウ(連翹)1種を本数を多く使って大きな作品を作るのも良いですし、1本の枝の動きを見せるような小さな作品にしても鮮やかな黄色が映えてよいでしょう。

▼レンギョウ(連翹)の育て方など詳しい情報はこちら

レンギョウ(連翹)

  • 春の訪れを黄金色の花で華やかに告げる落葉低木です。地際から多くの枝やひこばえを出し、2~3mの高さで株立ちする性質から生垣などに刈り込んで仕立てられることもあります。枝は長く伸びて垂れさがり、地面に付くとそこから根をおろす性質があります。早春に萌芽するより先に前年枝に黄金色の花を咲かせ、花冠は直径2.5cmほどで4つに深く裂けるように分かれます。花が終わるころから葉が展開します。同じレンギョウ属に類似種が多数ありますが、枝が中空なことから区別が出来ます。中国やヨーロッパ各地でもレンギョウ属は多く植栽され、春の訪れを感じる花として人気があります。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「1月18日の誕生花|レンギョウ(連翹)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ