ラナンキュラスの育て方|植物図鑑

植物名
ラナンキュラス
学名

Ranunculus asiaticus

英名
Ranunculus
科名
キンポウゲ科
属名
キンポウゲ属
原産地
西アジア、ヨーロッパ

ラナンキュラスの特徴

ラナンキュラスは冬から春にかけて開花の多年草の球根植物です。秋に植えて開花時期は3月~4月で、高温期は休眠します。ラナンキュラスの名前は、葉っぱが「カエルの足」に似ていること、また湿地帯に生息することから、ラテン語の「rana (カエル)」 から来ていると言われています。原種のラナンキュラスは5弁の黄色い花を咲かせます。その姿から、バターカップ(Buttercup)とも呼ばれています。

最近は品種改良が進み、咲き方、色数がとても豊富。薄紙のように繊細な花びらが幾重にも重なった花姿が、光と温度に反応して開く姿がとても魅力的で、毎年新品種が創り出される、とても人気のある花です。ラナンキュラスは球根で植え付ける他、1月~3月に開花時期には、花の付いた状態の鉢植えもたくさん出回っています。

ラナンキュラスの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 白、ピンク、赤、紫、黄色、オレンジ、アプリコット色、複色
開花時期 3月~4月

ラナンキュラスの球根の掘り上げ作業

翌年もラナンキュラスの開花を楽しむために、花後、球根を掘り上げる必要があります。そのまま土に植えっぱなしにしておくと、球根が腐ってしまうことがある他、土の中で余計な栄養を使ってしまいます。ラナンキュラスは開花後、枯れた花を摘み取り、葉が枯れ始めるまでしっかりと光合成をさせましょう。葉が黄色くなって枯れてきたら、掘り上げ、よく洗って完全に乾燥させてください。ラナンキュラスの球根は、バーミキュライトで包むようにして、通気性のいい暗所で保管します。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング