ラナンキュラスの育て方|植物図鑑

植物名
ラナンキュラス
学名

Ranunculus asiaticus

英名
Ranunculus
科名
キンポウゲ科
属名
キンポウゲ属
原産地
西アジア、ヨーロッパ

ラナンキュラスの特徴

ラナンキュラスは冬から春にかけて開花の多年草の球根植物です。秋に植えて開花時期は3月~4月で、高温期は休眠します。ラナンキュラスの名前は、葉っぱが「カエルの足」に似ていること、また湿地帯に生息することから、ラテン語の「rana (カエル)」 から来ていると言われています。原種のラナンキュラスは5弁の黄色い花を咲かせます。その姿から、バターカップ(Buttercup)とも呼ばれています。

最近は品種改良が進み、咲き方、色数がとても豊富。薄紙のように繊細な花びらが幾重にも重なった花姿が、光と温度に反応して開く姿がとても魅力的で、毎年新品種が創り出される、とても人気のある花です。ラナンキュラスは球根で植え付ける他、1月~3月に開花時期には、花の付いた状態の鉢植えもたくさん出回っています。

ラナンキュラスの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 白、ピンク、赤、紫、黄色、オレンジ、アプリコット色、複色
開花時期 3月~4月

ラナンキュラスの球根の掘り上げ作業

翌年もラナンキュラスの開花を楽しむために、花後、球根を掘り上げる必要があります。そのまま土に植えっぱなしにしておくと、球根が腐ってしまうことがある他、土の中で余計な栄養を使ってしまいます。ラナンキュラスは開花後、枯れた花を摘み取り、葉が枯れ始めるまでしっかりと光合成をさせましょう。葉が黄色くなって枯れてきたら、掘り上げ、よく洗って完全に乾燥させてください。ラナンキュラスの球根は、バーミキュライトで包むようにして、通気性のいい暗所で保管します。

ラナンキュラスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
植え付け

ラナンキュラスの栽培環境

日当たり・置き場所

ラナンキュラスはお日様が大好きな植物なので、日当たりがよく、風通しのよい所で管理しましょう。鉢植えで育てている方は、雨が降り続く日は軒下などの雨が当たらない場所に置き場所を変えるとよいでしょう。
冬場に苗ものとして植え付ける場合は、霜の降りる時期は地植えするのは止めましょう。霜で球根が傷んでしまい枯れてしまう可能性があります。ラナンキュラスは耐寒性のある球根植物ですが、霜には当たらないようにしてください。

温度

ラナンキュラスの球根は、寒さに当たらないと開花しません。冬の間は霜に当てないように注意して戸外で管理しましょう。

用土

ラナンキュラスの球根は、水はけ良く肥沃な土壌を好みます。市販の培養土で問題なく育ちます。

ラナンキュラスの育て方のポイント

水やり

ラナンキュラスの球根の水やりは、表土が乾いたら、鉢底から出てくるくらいたっぷりと与えます。但し、球根は腐りやすいので、過度な水分は必要ありません。開花中は花びらに水がかからないように注意して、水やりを行ってください。ラナンキュラスは非常に花びらが薄いのでシミになってしまいます。

肥料

ラナンキュラスの球根は、開花にたくさんの養分を必要としますので、開花前と、花後に施します

病害虫

ラナンキュラスは日当たりが悪いと葉が白くなるうどんこ病灰色かび病が発生しやすくなります。これを避けるためには、日当たがよく風通しの良い場所に置くこと、適度な水やり、花びらに水をかけない事を意識するとよいでしょう。また、黄色くなった葉っぱや茂りすぎた葉っぱを、まめに取り去ってあげると病気にかかりにくくなります。

ラナンキュラスの詳しい育て方

選び方

ラナンキュラスは球根か苗で購入します。球根の場合は、品種別に球根が販売されています。完全に乾燥した、充実した球根を選びましょう。ポット苗で購入する場合は、株がしっかりとして、葉っぱが緑色で生き生きとしているものを選びましょう。開花しているものだけでなく、株元からつぼみが押しあがっているかを確認して、つぼみがたくさんある苗を選ぶとよいでしょう。花びらの枚数の多いラナンキュラスは、つぼみの時と開花してからの色が違う場合があります。色にこだわるなら、一輪は開花している株で色を確認して苗を選びましょう。

種まき

ラナンキュラスは球根での植え付けが一般的です。

植え付け

球根の植え付けは、10月に行います。ラナンキュラスの球根は、完全に乾燥した状態で出まわっています。そのため、受け付ける前に、吸水処理を行う必要があります。吸水処理が難しい場合は、春に芽が出た状態の苗ものとしてポット苗が出回るのを購入するのもよいでしょう。

剪定・切り戻し

ラナンキュラスは開花後に枯れていくので、特に剪定の必要はありません。

植え替え・鉢替え

ラナンキュラスは一般的には開花後に球根を掘りあげるので、植え替えの作業はありません。

ラナンキュラスの開花時期は3月~4月です。開花してからの水やりは、花に水がかからないように注意しましょう。ラナンキュラスは球根の花の中では比較的長期間花が咲くので、花壇の他、寄せ植えなど、利用範囲が高い球根植物です。
ラナンキュラスの花は切り花にして楽しむことができます。切花のラナンキュラスは気温が低い場所で管理すると、長い間花を楽しめます。
花が終わった後はカビや病害虫の発生源にならないように、必ず花がらを摘み取るようにしましょう。

夏越し

ラナンキュラスの球根は、夏期は掘り上げて冷暗所で保管します。

冬越し

ラナンキュラスは開花時期の3月~4月前にしっかりと寒さに当てる必要があります。日当たりの良い戸外で管理しますが、霜に当てないように注意します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ラナンキュラスは掘りあげた球根を分球して増やすことができます。葉が茶色になったら球根を掘り上げます。茎は球根の付け根で手で折ります。増やすことができるのは、大きく肥大した球根で、白く短い根の部分をつけた状態にして、手かナイフで切り分けます。

ラナンキュラスの球根の育て方のコツ・吸水処理

ラナンキュラスの球根は、完全に乾燥した状態で出まわっています。そのため、植える前に、吸水処理を行う必要があります。吸水方法は、湿らせたバーミキュライトなどで包むようにして、一晩寝かせて置きます。ラナンキュラスの球根をバーミキュライトと一緒に器に入れ、上から霧吹きでたっぷりと水を与えるといいでしょう。吸水中に注意することは、水に浸けすぎると、カビが生えてしまうことがあるので、注意しましょう。しっかりとラナンキュラスの球根が吸水し膨らんだら、土に植え替えます。

 

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング