アリウム・シュベルティの育て方|植物図鑑

植物名
アリウム・シュベルティ
学名

Allium schubertii

英名
Fireflower onion
科名
ユリ科(ネギ科)
属名
アリウム属

アリウム・シュベルティの特徴

アリウムはたくさんの種類があって、大輪から小輪まで様々です。中でもアリウム・シュベルティの花は、超大輪のアリウムです。1本の茎から小さな花が集合する形状の花の直径はバスケットボールサイズくらいになります。花火のような見た目の花は、庭に植栽すると目を引く存在です。

アリウム・シュベルティは切り花にしてもとても長持ちするため、生花としても流通しています。

アリウム・シュベルティの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 普通
花色 ピンク
開花時期 5~6月

アリウム・シュベルティの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

アリウム・シュベルティの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりと風通しの良い場所に植え付けましょう。

温度

寒さを感じることによって花芽を作ります。遅くても年内には球根の植え付けを完了させましょう。

用土

アリウム・シュベルティは、有機質が多く排水の良い土を好みます。鉢植えの場合は、 草花用の土でも問題なく育ちます。

酸性土壌を嫌うので植え付け前に苦土石灰や有機石灰などで酸度調整をしておきましょう。

アリウム・シュベルティの育て方のポイント

水やり

地植えのアリウム・シュベルティは、一度植え付けてしまえば水やりはほとんど必要ありません。

鉢植えは鉢の表面の土が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりとを目安に与えましょう。完全に水切れを起こすと花が咲かなくなるので注意しましょう。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を入れて植え付けましょう。その後は開花前に薄めの液肥を与える程度で十分です。

病害虫

特別な病害虫の害はありません。

アリウム・シュベルティの詳しい育て方

選び方

しっかりとした重さがあって、カビが生えていないきれいな球根を選びましょう。

植え付け

球根の植え付けは10~12月に行います。埋める深さは球根3つ分くらいが目安です。地植えにすると50cm程度の高さで、大きな花になるので、それを考えた場所に植え付けましょう。

アリウム・シュベルティは、5~6月に開花します。

収穫

アリウム・シュベルティは切り花やドライフラワーとして楽しむことができます。とても花持ちが良く、切り花としても初夏に流通しています。

夏越し

花が終わったら、花茎のみ摘み取ります。その後、葉が黄色く枯れ始めたら球根を掘り上げましょう。球根は植え付けの時期まで日陰の涼しい場所で保管しましょう。

冬越し

耐寒性があるので特別な冬越しの必要はありません。鉢植えの場合は、完全に水切れを起こすと花が咲きません。鉢の表面の土が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング