キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の育て方|植物図鑑

植物名
キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)
学名

Calendula officinalis

英名
Pot marigold
科名
キク科
属名
キンセンカ属
原産地
地中海沿岸

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の特徴

キンセンカ(カレンジュラ)の花色は、花びらに光沢のあるオレンジや黄色で、お日様とともに開花する性質があります。最近ではシックな花色や八重咲きの種類も出てきました。キンセンカ(カレンジュラ)は性質が強いので育てやすく、開花期間も長いので、冬の花壇や寄せ植えに使われています。またキンセンカ(カレンジュラ)は病気や気温の変化に強く、単体だけでなく寄せ植えとしても楽しまれています。日本ではあまり定着していませんが、食用の花としても名を馳せています。所謂エディブルフラワーに分類され、ハーブとしての効能や、サラダ、ケーキの彩りに重宝されている花です。(ただし食用として利用する場合には、農薬不使用の種から育てる必要があります)

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10cm~20cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 やや強い
花色 黄、オレンジ、茶系
開花時期 12月~5月

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の種類

キンセンカ

カレンデュラ・コーヒークリーム

冬知らず

カレンデュラ・フユシラズ

小型のキンセンカ。冬知らずという品種名の通り、気温が低いうちからとてもよく咲く品種です。

キンセンカの種類・品種

冬にも強いキンセンカ。その中でも特に寒さに強い品種は「冬知らず」です。名前の通り冬に枯れない、冬をものともしないこのキンセンカ。大きさは少々小ぶりで直径約2cm程。逆に大輪を咲かせるキンセンカもあります。それが「フィエスタ・ギタナ」です。幾重にも折り重なった花びらは正に荘厳。色合いはオレンジ系統のもが多いです。

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花
肥料

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の栽培環境

日当たり・置き場所

キンセンカ(カレンジュラ)は、日当たりがよく風通しのよい場所で管理し、水はけのよい土に植えましょう。

用土

キンセンカ(カレンジュラ)は水はけのよい土に植えましょう。草花用の培養土で問題なく育ちます。自分で配合して作るときは、赤玉土(小粒)と腐葉土を混ぜ合わせたものを作ると良いでしょう。

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の育て方のポイント

水やり

地植えのキンセンカ(カレンジュラ)は、根付いてからは水やりの必要はありません。鉢植えのキンセンカ(カレンジュラ)は土が乾いたらたっぷりとを目安に水やりをしましょう。

肥料

地植えのキンセンカ(カレンジュラ)は、用土から栄養分を吸引できるので追肥は必要ありません。力無く萎れてきたら水が足りていないサインの場合が多いでしょう。鉢植えのキンセンカ(カレンジュラ)は、定期的に追肥をするとよいでしょう。

病害虫

葉に黒い点々、ブツブツが出来たら炭そ病を疑ってください。高温多湿、梅雨の時期に特に多く被害が出ます。見つけ次第、葉を取り除きましょう。葉を取り除いた個所や周りに消毒剤、予防剤をまいて対策してください。園芸店で販売しています。
炭疽病:炭疽病(たんそびょう)は、カビが原因となっておこる病気のこと。様々な野菜や植物の葉や果実に、黒や灰色のカビの斑点が発生し、葉には穴が開き、果実は窪みます。広がってしまうと元に戻るのは難しいので、早期発見することがカギになります。

キンセンカ(金盞花・カレンデュラ)の詳しい育て方

選び方

キンセンカ(カレンジュラ)は強い植物なので苗の時点で弱っているという事が少ない草花です。主軸がしっかりして葉が生き生きとしたグリーン色の苗を選びましょう。キンセンカ(カレンジュラ)の本来の開花時期は春ですが、苗の出回りは、最近では10月ごろから出回り始めます。

種まき

キンセンカ(カレンジュラ)の種まき時期は秋です。気温が高すぎると発芽率が悪くなるので、残暑厳しい日は避けることが必要です。種のまき方は、鉢、もしくはプランターを用意し、穴を開けます。人差し指大の穴で結構です。種を蒔き土を被せ水をたっぷり与えます。早ければ一週間で発芽します。

植え付け

気温が穏やかになった秋に植え付けます。キンセンカ(カレンジュラ)は直根性の性質です。移植を嫌うので、植え付けの時は根をいじらないように注意して植え付けましょう。

直根性とは・・・
根っこが地中深く枝分かれすることなく、まっすぐに伸びていく性質のことをいいます。
地中深く伸びた後に分岐するものもありますが、基本的には太い根が下に伸びていく性質です。そのため直根性の植物は、太い根を少しでも痛めてしまうと植物のダメージが大きく、うまく根付きません。このことから植え替えの時に注意が必要な植物と言えます。買ってきた苗を植え付ける際には、根をほぐさず、そのまま土に埋める感じで植え替えましょう。

剪定・切り戻し

キンセンカ(カレンジュラ)の本来の開花時期は春ですが、苗の出回りは、最近では10月ごろから出回り始めます。早めに購入したキンセンカ(カレンジュラ)は、シーズン前半に全体の三分の一から半分程度に切り戻すと、脇枝が生長し、花芽がたくさんある株になります。

植え替え・鉢替え

キンセンカ(カレンジュラ)は一年草のため、植え替えの必要はありません。

キンセンカ(カレンジュラ)の花は、秋に種まきをすると、12月ごろから開花します。花の最盛期は、3月~5月の春です。キンセンカ(カレンジュラ)の苗は最近では10月くらいから流通が始まります。半年近く咲く開花期間が長い草花なので、終わった花がらはまめに摘み取り、種をつけないようにすることが長くきれいに咲かせるコツです。

収穫

キンセンカ(カレンジュラ)の花は切り花としても流通しています。

夏越し

キンセンカ(カレンジュラ)は夏前までの花のため、夏越しの必要はありません。

冬越し

キンセンカ(カレンジュラ)は寒さには強いので特別な冬越しの必要はありません。キンセンカ(カレンジュラ)の中でも「冬知らず」という品種は特に寒さに強い種類です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

キンセンカ(カレンジュラ)は花が咲き終わったあとに種が出来ます。ぼろぼろとすぐ地面に落ちるので、種を取る花を決めてはぜる瞬間を逃さないようにしましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング