フウセンカズラ(風船葛)の育て方|植物図鑑

植物名
フウセンカズラ(風船葛)
学名

Cardiospermum halicacabum

英名
Balloon vine
和名
風船葛
科名
ムクロジ科
属名
フウセンカズラ属
原産地
アジア・アフリカ

フウセンカズラ(風船葛)の特徴

フウセンカズラは、ムクロジ科の非耐寒性一年草です。

フウセンカズラの開花期は7~9月で、小さな白い花が咲きます。草丈は50cm~3mで生長がとても速い植物です。フウセンカズラはつる性で、巻きひげでからみつきながらぐんぐんと育つので、夏のグリーンカーテンとしても使うことができます。フウセンカズラは、バルーンバインという別名があり、フウセンやバルーンと名がつくとおり、花の開花後、可愛らしい紙風船のような袋状の実をつけます。

フウセンカズラ(風船葛)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50cm~3m
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色
開花時期 7~9月

フウセンカズラ(風船葛)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花

フウセンカズラ(風船葛)の栽培環境

日当たり・置き場所

フウセンカズラは日当たりが良い場所が適しています。フウセンカズラはつる性で直立することができないので、這わせる何かが必要です。

用土

フウセンカズラは市販の培養土で問題なく育ちます。水はけのよい土に植えましょう。

フウセンカズラ(風船葛)の育て方のポイント

水やり

地植えのフウセンカズラは、根付いてからは特に水やりの必要はありません。鉢植えのフウセンカズラは乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。

肥料

元肥として緩効性肥料を土に混ぜておきます。追肥としては、リン酸とカリが多めの緩効性肥料か、液体肥料を定期的に施します。窒素分の多い肥料をあげると、葉ばかりが茂りすぎてしまいますので注意しましょう。

病害虫

特にありません。

フウセンカズラ(風船葛)の詳しい育て方

選び方

フウセンカズラの苗は5月~6月のグリーンカーテンの素材が販売される頃に出回ります。葉のきれいな苗を選びましょう。

種まき

フウセンカズラは気温が低いと発芽しないので、遅霜の心配がなくなる4月下旬~5月頃に種をまきます。前日から一晩水にひたしておくか、種の皮に軽く傷をつけておくと発芽しやすいです。種をビニールポットにまいて、ある程度育ってからプランターや庭に植えつける方法と、プランターや庭に直接まいて育てる方法があります。

種をまいた後は軽く土をかぶせて、芽が出るまでは毎日水をあげ、常に土が湿っている状態にしましょう。

植え付け

ビニールポットにまいた種は、本葉が4~5枚ほどになったらプランターや庭に植え付けます。苗を植える間隔は、20~30㎝ほどです。

フウセンカズラをプランターに植える場合は、根づまりや水切れ予防のため、なるべく深めのプランターにたっぷりの土を入れて植えましょう。

仕立て方

摘心するタイミングより前に、つるが絡んで育っていく場所を用意してあげましょう。フウセンカズラは棒タイプの支柱やアサガオでよく見られるあんどん型の支柱、グリーンカーテン用のネットやフェンスに添わせると上手に育てられます。

摘芯(摘心)・摘果

フウセンカズラは本葉が5~7枚になったら、芽の先端を摘み取ります。このことを「摘心(てきしん)」といいます。摘心をすると、新しい「わき芽」が出て、つるの数が増えます。

摘心をした後、脇から芽が2本出て少し伸びてきたら、その2本を地面と平行になるように誘引します。すると、その2本から出るさらなる「わき芽」たちが空の方向に向かって伸びていくので、株元近くからバランスの良いカーテンができます。手の届くところまでは、隙間がある方に誘引してあげるときれいに仕立てることができます。

フウセンカズラは7月~9月に白い花が開花します。花の開花後、フウセン型の実ができます。

収穫

フウセンカズラの花の開花後にできるフウセンが茶色くなった頃が種の収穫の時期です。

夏越し

フウセンカズラは暑さに強いため、特別な夏越しの必要はありません。

冬越し

フウセンカズラは冬前までの一年草なので冬越しの必要はありません、

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

実が茶色くなった後に、種ができます。フウセンカズラの種の色は、黒地に白のハート型で何とも愛らしい形状をしています。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング