ターメリック(ウコン)の育て方|植物図鑑

植物名
ターメリック(ウコン)
学名

Curcuma longa

英名
turmeric,Indian saffron
和名
鬱金(ウコン)
科名
ショウガ科
属名
クルクマ属
原産地
インド,タイ

ターメリック(ウコン)の特徴

ショウガ科クルクマ属の球根植物です。花を観賞するタイプのクルクマと違い、根(塊茎)をすり潰し乾燥させ、粉末にしてスパイスとして使用します。バショウを思わせる形の葉が印象的な植物です。

ターメリック(ウコン)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50cm~150cm
耐寒性 無し
耐暑性
花色 白~淡ピンク
開花時期 7~9月

カレー粉の原料として有名な黄色のスパイスです。ウコン、あるいはターメリックという名前で流通しています。黄色の染料としても使用されています。

ターメリック(ウコン)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い場所を好みます。日が良く当たる風通しの良い場所で管理しましょう。鉢植えよりも地植えに向いています。

温度

高温を好みます。夏に生育旺盛になります。

用土

市販の培養土で十分ですが、植え付け時に腐葉土などを混ぜ込んで肥沃な土にしてあげてもいいでしょう。乾燥が苦手なので水はけよく保水性もよい土壌がいいです。

ターメリック(ウコン)の育て方のポイント

日常の管理

夏の生育期は水を切らさないように注意します。

水やり

乾燥が苦手です。特に夏の生育期は水を切らさないように気をつけてください。乾燥が続く時には朝夕2回与えるようにしましょう。

肥料

特に必要としませんが、腐葉土を漉き込んで水はけ良く肥沃な土壌にしてもいいでしょう。

ターメリック(ウコン)の詳しい育て方

選び方

株の根元からしっかりと葉が出ているものを選びましょう。

植え付け

春に植え付けて秋に掘り上げます。

収穫

秋に球根を掘り上げます。掘り上げた球根はスライスして乾燥させるか冷凍して保存します。冷凍保存の際はしっかりと密閉してください。使う分だけ切って解凍するか凍ったまますりおろして使います。

冬越し

掘り上げた球根は翌春の植え付け時まで10℃以下にならない暗所で保存します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

春の植え付け時に球根をハサミでカットして株分けします。

球根植物あるいは非耐寒性多年草と分類されます。球根からの発芽には時間を要します。球根の保存も10℃以下にならないように管理します。日本の夏の気候にはよく合うようで生育旺盛です。

人気の植物ランキング