知らないと損!パクチーの上手な育て方と長く収穫するためのポイント

セージ

セージ

172445views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

葉を収穫して楽しめるパクチー。種子からでも苗からでも育てられますが、放っておくと長く収穫できるものも収穫できなくなってしまいます。

パクチーに起こった異変により突然収穫期の終わりを迎えた我が家のパクチー。その体験談から、長く収穫するためのポイントをご紹介します。

 

目次

パクチーに起こった異変

パクチーの花芽の見分け方

一年草は花が咲くと枯れる

葉を長く収穫するために行うこと

 

パクチーに起こった異変

ある日、いつも通り育てていたパクチーがニョロニョロと伸び始めました。我が家で育てているパクチーは、おそらく一般的なお世話をしているだけで、この日もいつもと同じようにお世話をしていました。

伸びるといえば徒長(日光不足などが原因で背丈が伸びてしまうこと)を思い浮かべますが、今まで徒長もしてこなかったし考えにくい。不思議だなぁと思いながらも放っておいたら凄くニョロニョロになってしまいました。
ある日、いつも通り育てていたパクチーがニョロニョロと伸び始めました。我が家で育てているパクチーは、おそらく一般的なお世話をしているだけで、この日もいつもと同じようにお世話をしていました。  伸びるといえば徒長(日光不足などが原因で背丈が伸びてしまうこと)を思い浮かべますが、今まで徒長もしてこなかったし考えにくい。不思議だなぁと思いながらも放っておいたら凄くニョロニョロになってしまいました。

 

なぜ一本だけ伸びているんでしょう。もしかして何かの病気にかかっていまったんでしょうか。

そんなことを考えながらも、忙しさにかまけてさらに放置しておりました。すると、あの伸びていた一本の茎だけを残して残りの全ての葉が枯れてしまいました。
なぜ一本だけ伸びているんでしょう。もしかして何かの病気にかかっていまったんでしょうか。  そんなことを考えながらも、忙しさにかまけてさらに放置しておりました。すると、あの伸びていた一本の茎だけを残して残りの全ての葉が枯れてしまいました。

 

見事に全部枯れてしまいました。
パクチーの栽培

 

しまった!何が原因だったのだろう?残った1本を観察してみると・・・

つぼみができていました!花芽がついたこととパクチーの葉が枯れたことには、実は深い理由がありました。
パクチーの栽培

 

パクチーの花芽の見分け方

8月の終わりに種まきをして、何度か収穫をしながら楽しんできたパクチー。11月中旬から何か雰囲気の違った葉が出てきて、みるみる内に伸びて花芽がついてしまいました。

こちらが通常のパクチーの葉です。料理にのっているお馴染みの形ですね。
パクチーの栽培

 

そしてこれが花芽になるパクチーの葉です。葉が細く、全く違う植物の葉のようです。
パクチーの栽培

 

茎も全く違いました。普通のパクチーの茎は薄緑色で、花芽になるパクチーの茎は赤い縦縞が入っていて、太くなっています。支柱に使った竹ひごよりも、花芽の茎は太いです。
パクチーの栽培

 

つぼみが出てから1週間くらいで、パクチーの匂いからは全く想像もつかないような、可憐な白い花が咲きました。
パクチーの栽培

 

種をまいて3カ月くらいで枯れてしまうのは実に惜しいですね。せっかく育てたパクチーなので、長く収穫して楽しみたいものです。一年草のハーブを長く楽しみたい人は、次のことを試すと葉をずっと収穫できますよ。

 

葉を長く収穫するために行うこと

花芽が出てきたら、早めに摘み取ってあげましょう。
パクチー

 

花芽が出てきたと思ったら、下の方から切ってあげます。こうすると、花や蕾がつかないので、葉が枯れるということはなくなります。花芽はその後も次々と出てきますので、見つけ次第切りながら育てると、葉を長く収穫して楽しむことができますよ

花芽は取らずに残しておくと、花が咲いて種ができます。種を取りたい方は、そのまま花芽を取らずに最後まで育ててあげてください。
パクチー

 

パクチー以外にも、チャービル、イタリアンパセリ、ディル、バジルなどが一年草のハーブです。これらのハーブはパクチーと同じように花芽が出たら、摘んでおかないと長続きしないのでご注意を。セージ、ローズマリー、タイム、ラベンダーなど多年草(数年育つ植物のこと)のハーブは花が出てきても問題ないので、そのまま大切に育ててあげてください。

 

▼関連記事

パクチー(コリアンダー)

  • パクチーは、世界的には非常に歴史が古く、そのころからパクチーの薬用効能があると言われていたそうです。春か秋に種まきをして、葉が育ってきたら収穫します。夏の日差しを浴びすぎると、花が咲き、葉が硬くなるので、寒冷地以外では秋まきの方が向いています。土をあまり乾燥させすぎないように気をつけます。ちなみに、「パクチー」はタイ語での呼び名です。

「知らないと損!パクチーの上手な育て方と長く収穫するためのポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
セージ
セージ

大学で野菜と花と樹木と自然環境を習って、緑関係の職場に就職。植物の育成と管理をやって、なぜか今は物書きに。自分の経験をもとに「植物おもしろいよねー」って思ってもらえる記事を書いていきます!