マツバギク(松葉菊)の育て方|植物図鑑

植物名
マツバギク(松葉菊)
学名

Lampranthus spectabilis

英名
Fig marigold
和名
松葉菊
科名
ハマミズナ科
属名
マツバギク属
原産地
南アフリカ

マツバギク(松葉菊)の特徴

葉が松の葉のような形で、菊に似た花を咲かせることから「マツバギク」の名前がついていますが、マツバギクは菊でなく、南アフリカ原産の多肉植物で春から初夏にかけて開花する花です。這うように生長するのでグラウンドカバーとして使うことができます。花壇や石垣、ロックガーデンなどに植栽すると開花中は見事な光景になります。

マツバギク(松葉菊)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 10cm~30cm
耐寒性 普通
耐暑性 強い
花色 赤、ピンク、白、オレンジ、黄色、紫、
開花時期 4月~6月

マツバギク(松葉菊)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所が適しています。

用土

水はけがよく、乾燥した土が適しています。サボテン用の土もマツバギクに向いています。

マツバギク(松葉菊)の育て方のポイント

水やり

地植えの場合は根付いてからは水やりの必要はありません。鉢植えの場合は、土の表面が乾いてから水やりをするようにします。

肥料

やせ地でも育つので地植えの場合は肥料はほとんど必要がありません。鉢植えは春と秋に数回肥料を施すくらいで十分です。

マツバギク(松葉菊)の詳しい育て方

植え付け

植え付けは4月~5月、9月中旬~10月が適時です。

植え替え・鉢替え

植え替えは4月~5月、9月中旬~10月が適時です。

4月~6月に開花します。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

挿し芽で増やすことができます。時期は4月~6月、9月~10月に赤玉土、もしくは挿し木・挿し芽用の土にさしておくと1カ月程度で根付きます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング