イカリソウ(錨草)の育て方|植物図鑑

植物名
イカリソウ(錨草)
学名

Epimedium L.

英名
barrenwort
和名
錨草(いかりそう)
科名
メギ科
属名
イカリソウ属
原産地
アジア~ヨーロッパ

イカリソウ(錨草)の特徴

山野に自生するメギ科の多年草です。花の形が特徴的で、船の錨(いかり)のように見えることが名前の所以です。花色は白からピンク、黄色まで豊富です。その種類は多く、北半球を中心に数十種類あります。木洩れ日のあたる半日陰や日当たりのいい日陰を好みます。地下茎で増えるので、自生地では群生を見られます。

イカリソウ(錨草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 5~10㎝
花色 白、ピンク、黄色
開花時期 4~5月

日当たりの良い日陰を好みます。水はけ良く湿った土壌を好みます。特徴的な花が俯くように咲く姿が印象的な山野草です。

イカリソウ(錨草)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
花期

イカリソウ(錨草)の栽培環境

日当たり・置き場所

ひの当たる日陰~半日陰を好みます。

用土

肥沃な土壌を好みます。

イカリソウ(錨草)の育て方のポイント

水やり

乾燥が苦手です。乾いたらたっぷりと与えます。

肥料

特に追肥の必要はありません。

病害虫

特に病害虫の被害はありません。

イカリソウ(錨草)の詳しい育て方

選び方

しっかりと茎を伸ばし、葉がきれいな緑色をしているものを選びましょう。

植え付け

真冬と真夏を避けた、春か秋の暖かい日に行います。市販の培養土であれば、腐葉土と小粒の赤玉土を混ぜて肥沃で水はけのよい土壌にします。

植え替え・鉢替え

真夏と真冬を避けた、暖かい日に行います。

4~5月に船の錨(いかり)に似た小さな花を俯くように咲かせます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分けは秋に行います。

人気の植物ランキング