イカリソウ(錨草)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

イカリソウ(錨草)の花言葉や種類、特徴をご紹介!イカリソウ(錨草)は、船の錨のような形の花を咲かせる山野草。半日陰を好み、シェードガーデンのグランドカバーとしても適しています。

 

イカリソウ(錨草)の花言葉

「イカリソウ(錨草)」の花言葉は「あなたをつかまえる」。

 

イカリソウ(錨草)について

科・属 メギ科・イカリソウ属
和名 錨草
英名 barrenwort
学名 Epimedium
原産地 日本
開花期 4月~5月

 

イカリソウ(錨草)の特徴

「イカリソウ(錨草)」は、船のイカリ(錨)のような形をした花を咲かせる多年草。

和名の「錨草」は、花の形が船を海上にとどめておくときにおろす錨に似ていることから付けられました。

「イカリソウ(錨草)」は変わった形の花だけでなく葉にも独特な美しさがあり、草丈は30~50㎝ほどで、細い茎が株立ちになります。寒さ、暑さにも強く育てやすい山野草の仲間です。

「イカリソウ(錨草)」は日本では観賞用の品種が多く、各地で落葉広葉樹などの下に自生している品種もあります。

「イカリソウ(錨草)」は外国では、羊が食べると元気になることから「元気な羊のハーブ」などと呼ばれたり、中国では淫羊藿(いんようかく)と呼ばれ、滋養強壮効果のある生薬として有名な植物となっています。

「イカリソウ(錨草)」の花言葉「あなたをつかまえる」は、「イカリソウ(錨草)」の花の形が船を動かないように固定する錨に似ていることからイメージして付けられたと言われています。


イカリソウ(錨草)の種類

イカリソウ(錨草)の花の色は一般的には赤紫色ですが、近年では様々な種類のイカリソウが栽培されています。赤紫のほかに、ピンク、白、淡い黄色やピンク、紫などがあります。2色咲きになる品種などもあります。

赤紫花が一般的な「イカリソウ」、薄い黄色~濃い黄色の花が咲く「キバナイカリソウ」、常緑の「トキワイカリソウ」、小さな梅のような白花が咲く「バイカイカリソウ」などがあります。

 

▼イカリソウ(錨草)の詳しい育て方はこちら

イカリソウ(錨草)

  • 山野に自生するメギ科の多年草です。花の形が特徴的で、船の錨(いかり)のように見えることが名前の所以です。花色は白からピンク、黄色まで豊富です。その種類は多く、北半球を中心に数十種類あります。木洩れ日のあたる半日陰や日当たりのいい日陰を好みます。地下茎で増えるので、自生地では群生を見られます。


▼イカリソウ(錨草)の関連記事はこちら


 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「イカリソウ(錨草)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス