ルリタマアザミ(エキノプス)の育て方|植物図鑑

植物名
ルリタマアザミ(エキノプス)
学名

Echinops

和名
ヒゴタイ、ルリタマアザミ
別名・流通名
ルリタマアザミ
科名
キク科
属名
ヒゴタイ属
原産地
ヨーロッパ、アジア

ルリタマアザミ(エキノプス)の特徴

エキノプスは地中海沿岸の半常緑の多年草です。エキノプスの中でもEchinops ritroは、ルリタマアザミという名前で流通しており、園芸品種も多く出回っています。真直ぐに伸びた茎の上に丸いボール状の花を咲かせます。その花色が深い紫がかった青であることから、ルリ(瑠璃)タマアザミという名前がついたようです。アザミと呼ばれていますが、アザミではありません。同じキク科のヒゴタイ属になります。

深い青をした花色も、少し銀色がかった葉と茎も、微妙なニュアンスの配色が美しい植物です。丸い花は小さなお花の集合体で、ひとつひとつの小花が開いていくと、また違った青を楽しめるところも魅力です。

ルリタマアザミ(エキノプス)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50~150㎝程度
耐寒性 強い
耐暑性 やや強い
花色 青、紫
開花時期 5~7月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング