アガスターシェの育て方|植物図鑑

植物名
アガスターシェ
学名

Agastache

英名
Agastache
科名
シソ科
属名
カワミドリ属
原産地
アメリカ

アガスターシェの特徴

ハーブのアニスヒソップの園芸種、アガスターシェはシソ科の宿根草です。一年草のものもありますが、最近流通している品種はほとんどが宿根草です。

アガスターシェは初夏から晩秋まで長くたくさんの花が咲きます。矮性から高性まで品種によって花丈は様々です。紫系、赤系、オレンジ系、黄色系など色幅も豊富なので、夏の花壇や寄せ植えに使うと見栄えがします。

アガスターシェは葉っぱをこすると、清涼感のあるすっきりとした香りがします。香りは乾燥させても残るので、ポプリやドライフラワーにもすることができます。

 

アガスターシェの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20~100cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 オレンジ、赤、黄色、紫
開花時期 5月~10月

アガスターシェの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

アガスターシェの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりが良く、風通しのよい場所で育てましょう。

用土

草花用の培養土やハーブの土で問題なく育ちます。もともとのアニスヒソップは、湿り気のある土を好むハーブですが、園芸種のアガスターシェはそこまでこだわらなくても大丈夫です。

アガスターシェの育て方のポイント

水やり

地植えのアガスターシェは根付いてからは水やりの必要はありませんが、鉢植えのアガスターシェは土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出てくるくらいを目安に水やりをします。極端に水切れを起こさないようにしましょう。

肥料

植え付け後、1ヶ月程度が経過したら、花用の肥料を定期的に追肥します。

アガスターシェの詳しい育て方

選び方

株元まできれいな葉がついているつぼみの多い苗を選びましょう。

植え付け

春と秋の陽気のよい時期ならいつでも植え付け可能です。

剪定・切り戻し

アガスターシェは開花期間の長い草花なので、梅雨に入ったら株を全体的に切り戻します。それ以外でも花が一通り終わった時に切り戻しておくと、しばらくすると返り咲きます。

植え替え・鉢替え

鉢植えのアガスターシェは、一年に一度一回り大きな鉢に植え替えましょう。

アガスターシェの花は、穂状の細かい花が無数に開花します。花が終わったら、こまめに花茎を剪定しておくと、次の花芽ができやすくなります。メンテナンスをするとしないとでは、ワンシーズンに咲く花数に違いが出ます。

収穫

アガスターシェの花は乾燥しても香りを保ちます。紫系など色がきれいに残る種類は、ポプリやドライフラワーにすることもできます。

夏越し

アガスターシェは耐暑性のある草花なので、特別な夏越しの必要はありませんが、春早めに植え付けた苗は、梅雨の頃に一通り花が終わったタイミングで切り戻しを行うとよいでしょう。

冬越し

秋になって一通り花が終わったら、株元でバッサリと剪定をしておきます。春になると新芽が芽吹きます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング