アストランティアの育て方|植物図鑑

植物名
アストランティア
学名

Astrantia

英名
Great masterwort
別名・流通名
マスターウォート
科名
セリ科
属名
アストランティア属
原産地
ヨーロッパ

アストランティアの特徴

アストランティアは、セリ科アストランティア属の植物で、別名「マスターウォート」と呼ばれています。アストランティアは、ヨーロッパ中部から東部が原産で、花の開花は5月~7月位です。アストランティアの背丈は40~80cm程度になり、星のような形をした花びらの花を咲かせます。学名の「Astrantia」は、ギリシャ語で星を意味する「Astra」が語源となっています。

アストランティアの花は、独特なフォルムをしています。半球状で花びらに見える部分は「総苞」です。その中心に小さな小花が密集しています。素朴で野趣あふれる草姿がナチュラルな雰囲気のため、欧米のガーデンにはとてもよく植栽されています。アストランティアは高温多湿が苦手なため、真夏の気候が厳しい日本の平野部ではなかなか夏越しが難しい草花ですが、寒冷地ではこぼれ種で発芽することもあります。

流通としては、苗ものより切り花としての流通量の方が多雰囲気い植物です。アストランティアの花は、主役級の花ではありませんが、フォルムのユニークさからアレンジのわき役の素材としてフローリストには人気の草花です。

 

アストランティアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 40~80cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 ピンク、白、赤
開花時期 5月~7月

アストランティアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花
肥料

アストランティアの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりがよく、風通しのよい場所に植えましょう。アストランティアは冷涼な気候を好む草花です。真夏に西日が強く当たる場所に植えるのは不向きです。明るめな半日陰なら栽培可能ですが、日照不足になると花付きが悪くなります。アストランティアは、どちらかというと寒冷地での栽培の方がうまくいく草花です。

用土

アストランティアは山野草の土が適しています。適度に湿り気のある保水性のある土に植え付けましょう。

アストランティアの育て方のポイント

水やり

地植えのアストランティアは、根付いてからの水やりは必要ありません。真夏の日照りで土が割れてしまうほど雨が降らない場合は朝か晩に水やりをします。鉢植えのアストランティアは、極端に乾燥させた状態だと弱ってしまうので、土の表面が乾きはじめたらたっぷりとを目安に水やりをしましょう。

肥料

春と秋に緩効性化成肥料を株元に置き肥をしましょう。

アストランティアの詳しい育て方

選び方

葉っぱが蒸れていたり、黄色くなっていない、きれいな緑色の苗を選びましょう。

植え付け

春と秋が植え付けの適時です。地植えにする場合は、事前に土に腐葉土をすきこんでおいてから植え付けましょう。寒冷地のようなアストランティアが好む場所では、品種によっては株張りが1m近くなる種もあります。隣の植物との間隔は大きくとっておくとよいでしょう。

剪定・切り戻し

アストランティアの花は、枝分かれしている形状で1本の茎からたくさんの花が次々に開花します。全部がいっぺんに咲くわけではないので、終わった花は終わった花の茎元で剪定しておくと、次々と花が開花します。

植え替え・鉢替え

鉢植えのアストランティアは、2~3年に一度、植え替えをしましょう。寒冷地では、数年間は植えっぱなしでもよく育つ草花です。

初夏の5月~7月に開花します。アストランティアの花は、独特なフォルムをしています。半球状で花びらに見える部分は「総苞」です。その中心に小さな小花が密集しています。アストランティアの開花は一般的には5月~7月ですが、種によっては四季咲き性のある品種もあります。

収穫

アストランティアの花は切り花にもできます。初夏から夏に切り花としても流通しています。またアストランティアの花は、ドライフラワーにもなりやすい花です。

夏越し

アストランティアは、真夏の気温が高温多湿の地域では夏越しが難しい草花です。強い西日が当たるような場所に植栽することは向きません。乾燥と地面の温度が上がることを防止する手立てとして株元にマルチングをしましょう。

冬越し

アストランティアは耐寒性がある宿根草(多年草)です。冬場は落葉する場合がありますが、春になると若葉が芽吹きます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分けと種から増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング