新生活グリーン特集

ブルーレースフラワーの育て方|植物図鑑

植物名
ブルーレースフラワー
学名
Trachymene caerulea
別名・流通名
ディディスカス
科名
セリ科(ウコギ科とされる場合もある)
属名
トラキメネ属
原産地
オーストラリア

ブルーレースフラワーの特徴

ブルーレースフラワーは秋蒔き初夏咲きの一年草です。似たような名前でレースフラワーという植物がありますが、全くの別種です。

ブルーレースフラワーは小花の集合体が一つの大きな花となっています。小花ひとつひとつが大きめなのが特徴です。葉や茎にうっすらと産毛のような毛が生えており、花色も淡いトーンであることから、優しい印象をうける花です。切花としても人気があり、フラワーアレンジメントやブーケに多用されます。

ブルーレースフラワーという名前で呼ばれていますが、白やピンクの花色もあります。その場合、ブルーレースフラワーのホワイト、ブルーレースフラワーピンクと表記します。

ブルーレースフラワーの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50~100㎝
耐暑性 弱い
花色 淡いブルー、ピンク、白
開花時期 5~6月

ブルーレースフラワーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
種まき
植え付け

ブルーレースフラワーの栽培環境

日当たり・置き場所

ブルーレースフラワーは、風通しよく日当たりのいい場所を好みます。夏の直射日光は避けるようにしましょう。あまり強い陽射しに当たると葉が焼けてしまうことがあります。

用土

ブルーレースフラワーは、水はけの良い土壌を好みます。

庭植えのブルーレースフラワーは、水はけの良い土壌を選びましょう。鉢植えブルーレースフラワーは、市販の培養土で問題なく育ちます。

ブルーレースフラワーの育て方のポイント

水やり

ブルーレースフラワーの水やりは、表土が乾いたらたっぷりと与えます。ブルーレースフラワーは蒸れに弱いので、株元の葉が蒸れないように注意しましょう。

肥料

ブルーレースフラワーは植え付け時にしっかりと腐葉土を漉き込んでおけば十分です。ブルーレースフラワーを種から育てた場合は花を咲かせる前に有機肥料を与えます。

病害虫

多湿による蒸れに弱いので、カビに注意します。灰色かび病ボトリチス病とも呼ばれ、梅雨時期に特に発生します。花弁に褐色の小さなシミ状の斑点ができたり、茎や葉に灰色のカビが生えます。日当たりや風通しをよくすることが大切です。

ブルーレースフラワーの詳しい育て方

選び方

ブルーレースフラワーを苗から選ぶ場合は、茎がしっかりとしていて、花芽の上がっているものを選びましょう。花が咲く前の状態の苗は、花色を確認してから購入してください。ブルーレースフラワーには、水色の他に白やピンクの花もあります。

種まき

ブルーレースフラワーは一年草なので、成長してからの植え替えの必要はありません。市販の培養土に直まきで問題ありません。種をまく時期は、秋の暖かいうちに行いましょう。

植え付け

ブルーレースフラワーの植え付けは、真夏と真冬を避けた春か秋の暖かい日に行います。植え付け後は水をたっぷりと与えます。

仕立て方

ブルーレースフラワーは、華奢な茎をすっと伸ばした先に花を咲かせます。茎が50㎝程度まで伸びてきたら、折れないように支柱を立ててあげるようにします。

剪定・切り戻し

ブルーレースフラワーは、枝分かれして次々と花を咲かせます。花が終わったら、花ガラをこまめに摘み取るようにしましょう。次の花が咲きやすくなります。

植え替え・鉢替え

ブルーレースフラワーは一年草なので、植え替えの必要はありません。

ブルーレースフラワーの花は、5~6月頃、初夏に咲きます。風にそよぐような姿が可愛らしい草花です。

収穫

ブルーレースフラワーは、切花としても人気の植物です。初夏に花が咲いたら、切花にして楽しむことが出来ます。

夏越し

ブルーレースフラワーは高温多湿に弱く、花を咲かせた後は夏に段々と葉を茶色くして枯れていきます。

冬越し

ブルーレースフラワーは一年草なので、冬越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ブルーレースフラワーは、種で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
LINE@

人気の植物ランキング