ワイルドオーツ(グリーンスケール)の育て方|植物図鑑

植物名
ワイルドオーツ(グリーンスケール)
学名

Chasmanthium latifolium

和名
宿根小判草、西洋小判草
別名・流通名
グリーンスケール
科名
イネ科
属名
カスマンティウム属
原産地
北アメリカ

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の特徴

ワイルドオーツ(グリーンスケール)は若草色がきれいな多年草です。春から夏にかけては、明るいグリーンの葉や花を大きく下垂させます。華奢な茎を大きく揺らすように伸ばし風にそよぐ姿が美しく、自然な感じを強調してくれる植物です。庭植にすると景色の中に動きを出してくれる存在となります。

切花ではグリーンスケールという名前で流通しています。他にも洋種小判草や宿根小判草という名でも流通していますが、コバンソウとは別種です。和の雰囲気にも洋の雰囲気にもあわせられますので、用途は多様です。夏季の花生けは、このワイルドオーツ(グリーンスケール)を入れるだけで、涼やかな雰囲気が演出できます。

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50~100㎝程度
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
花色
開花時期 5~7月

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の栽培環境

日当たり・置き場所

ワイルドオーツ(グリーンスケール)は、日当たり、風通し共に良い場所を好みます。乾燥に強く、多少の湿気にも耐えられます。

用土

水はけのいい土壌を好みます。鉢植えの場合は、市販の培養土で十分です。

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の育て方のポイント

水やり

庭植えのワイルドオーツ(グリーンスケール)は、根付いてからの水やりは特別必要ありません。夏の高温乾燥が続くような時は、たっぷりと与えます。鉢植えで管理している場合は、表土が乾いたらたっぷりと与えます。ワイルドオーツ(グリーンスケール)は乾燥を好む植物ですので、水の与え過ぎに注意しましょう。

肥料

ワイルドオーツ(グリーンスケール)は多肥を嫌いますので、特に肥料の必要ありません。鉢植えで、土が痩せてきたと感じたら、追肥よりも植え替えをしましょう。

病害虫

目立った病害虫の被害はありません。

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の詳しい育て方

選び方

株元からしっかりした葉を茂らせているものをえらぶようにしましょう。

植え付け

ワイルドオーツ(グリーンスケール)の植えつけは、真夏と真冬を避けた春か秋の暖かい日に行います。植え付け後はたっぷりと水を与えます。

剪定・切り戻し

ワイルドオーツ(グリーンスケール)は、多年草です。冬に地上部が枯れたら、根元まで切り詰めます。翌春の準備で新芽が出ていることもありますので、間違って切ってしまわないように、根元から数センチ上で刈り込みます。

植え替え・鉢替え

根が詰まってきたように感じたら、1~2周り大きな鉢に植え替えましょう。真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。植え替え後はたっぷりと水を与えます。

5~7月にグリーンの小さな花を咲かせます。

収穫

ワイルドオーツ(グリーンスケール)は、秋に刈り取ってドライフラワーにして楽しむことも出来ます。

夏越し

夏は生育時期です。特に夏越しで注意することはありません。

冬越し

ワイルドオーツ(グリーンスケール)は、多年草です。地上部は枯れてなくなりますが、翌春の新芽の準備をしています。表土が乾いたら、たっぷりとお水を与えてください。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

株分けで増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング