ヘクソカズラ(屁糞葛)の育て方|植物図鑑

植物名
ヘクソカズラ(屁糞葛)
学名

Paederia foetida

英名
stinkvine,skunkvine,chicken excrement plant,flatulent vine
和名
屁糞葛
別名・流通名
ヤイトバナ、カズラ
科名
アカネ科
属名
ヘクソカズラ属
原産地
日本、東アジア

ヘクソカズラ(屁糞葛)の特徴

ヘクソカズラ(屁糞葛)は日本の山野に自生するつる性多年草です。名前の由来は文字通り、花や葉茎を切断すると屁糞のような悪臭がする為です。同じように英名もstinkvine(悪臭のするツル)や、chicken excrement plant(鶏糞の匂いがする植物)と、散々な名前が付いています。

酷い名前を付けられてしまった可哀そうなヘクソカズラ(屁糞葛)ですが、とても可愛らしい花を咲かせます。1~1.5cmほどの釣鐘型の小さな花は外側は光沢のある白、中心部はボルドーカラーのような紫色をしています。その質感もふわふわとした砂糖菓子のようです。さらに秋から冬にかけて黄金色に色づく種子は、リースやドライフラワーの花材としても人気です。最近ではヘクソカズラという名前のイメージの悪さからか、「カズラ」と言う名前で流通しています。ヘクソカズラ(屁糞葛)の特有の悪臭はフレッシュの状態では悪臭を放ちますが、乾燥させると匂わなくなります。

ヘクソカズラ(屁糞葛)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 3~5m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 普通
花色 白、中心は紫
開花時期 5~8月

ヘクソカズラ(屁糞葛)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
収獲

ヘクソカズラ(屁糞葛)の栽培環境

日当たり・置き場所

ヘクソカズラ(屁糞葛)は日当たりの良い場所を好みます。日照不足だと花付きが悪くなります。明るい半日陰のような場所がいいでしょう。

用土

ヘクソカズラ(屁糞葛)は場所を選ばないくらい強健です。市販の培養土で問題なく育ちます。

ヘクソカズラ(屁糞葛)の育て方のポイント

水やり

鉢植えのヘクソカズラ(屁糞葛)は表土が乾いたら、たっぷりと水やりします。地植えのヘクソカズラ(屁糞葛)は特に水やりの必要はありません。

病害虫

特に目立った病害虫の被害はありません。

ヘクソカズラ(屁糞葛)の詳しい育て方

仕立て方

ヘクソカズラ(屁糞葛)はつる性植物です。放っておくと色んなものに絡み付いていきます。自宅で育てる場合は適宜誘引を行ってください。

剪定・切り戻し

ヘクソカズラ(屁糞葛)は繁殖力旺盛です。伸びすぎて邪魔になるようであれば、適宜剪定を行ってください。剪定をする場所は選びません。

植え替え・鉢替え

ヘクソカズラ(屁糞葛)の植え替えは2~3年に一度は行いましょう。痩せ地でも育つ植物ですが、根詰まりを起こすと生育が悪くなります。

5~8月に小さな釣鐘型の花を咲かせます。外側は白く、中心部は赤紫色をした、とても可愛らしい花です。

収穫

ヘクソカズラ(屁糞葛)の実は9~11月にかけて黄金色に色づきます。ツルごと収穫してきて吊るしておけば、きれいなドライフラワーになります。

または、まだツルが瑞々しいうちに輪にして乾燥させれば、ヘクソカズラ(屁糞葛)のリースが出来上がります。但し、いずれの場合もフレッシュのヘクソカズラ(屁糞葛)は悪臭がするので取り扱いに注意してください。

夏越し

ヘクソカズラ(屁糞葛)は夏は生育期です。特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

ヘクソカズラ(屁糞葛)は冬は落葉して越冬します。特に必要な冬越し作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ヘクソカズラ(屁糞葛)はこぼれ種で良く増えます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング