クレマチス・アーマンディー系の育て方|植物図鑑

植物名
クレマチス・アーマンディー系
学名

Clematis armandii

科名
キンポウゲ科
属名
センニンソウ属
原産地
中国中部~南部の高山帯

クレマチス・アーマンディー系の特徴

アーマンディー系のクレマチスは、3月ごろから開花する生育旺盛で株が大きく茂る常緑のクレマチスです。ツルが伸びるので、アーチやフェンスに誘因すると数年でとても見事な空間になります。香りがあるのも魅力のひとつです。たくさん花をつけるので一斉に咲いた時、甘い香りが庭に広がります。アーマンディー系のクレマチスの葉っぱの形は、細長く革のような質感厚みがあります。常緑で長く伸びるので生垣としても利用できます。

 

クレマチス・アーマンディー系の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 5m~10m
耐寒性 強い
耐暑性 普通
花色 白、ピンク
開花時期 3~4月

クレマチス・アーマンディー系の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
開花

クレマチス・アーマンディー系の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりが良い場所に植え付けます。日当たりは花つきに影響します。ただし、真夏の強すぎる日差しは葉焼けを起こす可能性があるので、真夏の日差しの当たり具合を考慮して植え付け場所を決めるとよいでしょう。

高温多湿が苦手なので、真夏は半日陰程度の場所で管理するのが無難です。株元が半日陰になるような場所が最適です。

アーマンディー系は、最大10m以上伸びる生長力のあるクレマチスです。極端に寒さが厳しい寒冷地以外は、基本的には地植え向きです。

用土

やや湿り気のある土を好みます。一般的な草花が育っている土地なら問題なく植え付け可能です。

クレマチス・アーマンディー系の育て方のポイント

水やり

地植えは、根付いてからの水やりの必要はありません。

鉢植えは、鉢の表面の土が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと与えましょう。乾燥に弱いので水切れに注意しましょう。

肥料

鉢植えの場合は、使用している肥料の頻度を守って施肥します。

病害虫

目立った病害虫はありません。

クレマチス・アーマンディー系の詳しい育て方

選び方

葉焼けしていない、葉の色がきれいなものを選びましょう。

アーマンディー系のクレマチスの代表品種は、ピンクの花はアップルブロッサム、チェリーブロッサム、日光。白の花はアーマンディ、スノードリフトなどです。

植え付け

12月~2月が植え付け適時です。クレマチスは根をいじられるのを嫌がる性質です。鉢から苗を抜くときには、根をいじらないように優しく取り扱いましょう。また、このような性質から移植は不向きなので、植え付ける場所はよく考えてから植え付けましょう。

仕立て方

アーマンディー系のクレマチスは、とても生長力のあるクレマチスです。長年管理すると、元株は木のようになります。自立できないので支柱やフェンスなど、這わせる何かが必要です。

フェンス、トレリス、アーチ、行燈仕立てなどツルが伸びることを生かして様々な形に仕立てることができます。常緑なので生垣や目隠しとして使うこともできます。

剪定・切り戻し

アーマンディー系のクレマチスは旧枝咲きなので弱剪定をします。花が終わったらまず花の一節下を剪定します。ただし、あまり伸ばしたくない場合は、新しく伸びたツルの先をこまめに剪定してください。

アーマンディー系のクレマチスは、3月~4月に開花します。株一面に花が覆うように開花し、満開時は香りもします。大株になった際の状態は、とても見事な光景となります。

夏越し

アーマンディー系のクレマチスは、夏が休眠期です。高温多湿が苦手なので、真夏は半日陰程度の場所で管理し、葉焼けに注意しましょう。

冬越し

アーマンディー系のクレマチスは、冬から春が生育期です。冬も葉を落とさず常緑を保ちます。極端に寒さが厳しい地域では室内で管理した方が無難ですが、暖房がきいている部屋だと夏と勘違いして生育が止まるので置き場所には注意しましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

挿し木で増やすことができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング