ノネア・ルテアの育て方|植物図鑑

植物名
ノネア・ルテア
学名

Nonea lutea

英名
Yellow Monkswort
和名
キバナムラサキ
科名
ムラサキ科
属名
ノネア属
原産地
ヨーロッパ東部

ノネア・ルテアの特徴

ノネア・ルテアは、春から初夏にかけてワスレナグサやシノグロッサムに似た、クリームイエローの花を咲かせるムラサキ科の1~2年草。ヨーロッパ原産の草花ですが、現在では帰化植物として野生化してします。

性質は極めて強く、環境に合うとこぼれ種で増えていきます。今回ご紹介している画像の花も苗として購入したものが、翌年まったく別の場所から発芽し開花したものです。

ノネア・ルテア

かわいらしい花に対して、葉は厚みがあり、ところどころ突起してデコボコして力強い見た目をしています。

草丈30~50cmくらいになりますが、直立せず茎があちこちに広がって開花します。育て方自体は簡単で鉢植えでも栽培可能です。

ノネア・ルテアの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 クリームイエロー
開花時期 4月~7月

ノネア・ルテアの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花

ノネア・ルテアの栽培環境

日当たり・置き場所

ノネア・ルテアは日当たりと風通しの良い場所が適しています。半日くらい日の当たるスペースでも栽培可能ですが、日当たりが良い方が花付きが良くなります。地植えでも鉢植えでも栽培可能です。

用土

あまり土質を選ばないので草花用の培養土で問題なく育ちます。

ノネア・ルテアの育て方のポイント

水やり

乾燥気味の方が好きな草花です。土の表面が渇いたらたっぷりと与えましょう。地植えは降雨に任せて問題ありません。

肥料

さほど肥料がなくても育ちますが、鉢植えの場合は植え付け時に元肥を混ぜて植え付けます。

病害虫

目立った病害虫の害はありません。

ノネア・ルテアの詳しい育て方

選び方

春から初夏に苗が流通します。葉がきれいでつぼみを確認できる苗を選びましょう。

種まき

ノネア・ルテアは、こぼれ種でも増えていくので種から育てるのも簡単です。暖地は9月~10月の秋まき、寒冷地は春まきで種をまきます。

直まき、もしくはポット苗に数粒ずつまいて良い芽を残す方法が簡単です。たくさんの苗が必要な場合は、育苗ボックスにまいて、本葉が5~6枚になったらポット苗に移植して育てます。

植え付け

種から育てた場合は、ポット苗の根が回ってきたら植え付け時です。秋にまいた場合の地植えは、霜の降りる時期を避けて定植します。

苗で購入した場合は、一回り以上大きな鉢に植え付けましょう。

剪定・切り戻し

花が終わったら、摘み取っておいた方が開花期間が伸びます。ひと通り、花が終わった株を切っておくと、その年の気候によっては返り咲くことがありますが、蒸れに弱いので梅雨に入ると終わっていく草花です。

ノネア・ルテアは、温暖地だと4月頃から梅雨入りくらいまで開花します。気温の上昇が早い年は、3月中旬頃から開花することもあります。増やしたくない場合は、種をつけないよう終わった花がらはこまめに摘み取りましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ノネア・ルテアは種で増やすことができます。こぼれ種でも増えるほど性質は強健です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング