スミレ(すみれ・菫)の育て方|植物図鑑

植物名
スミレ(すみれ・菫)
学名

Viola mandshurica

英名
Violet
和名
菫(すみれ)
科名
スミレ科
属名
スミレ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国の東北部から東部一帯

スミレ(すみれ・菫)の特徴

スミレという名前は、スミレ科スミレ属の総称のように使われていますが、本来は「スミレ」と名付けられたViola mandshuricaのことを指します。mandshuricaとは中国を意味する言葉ですが、スミレは日本原産の植物です。日本の気候にあっているので、スミレの育て方はそんなに難しくありません。

スミレの花は形が特徴的で、花の後部が突き出して細長い袋状となっており、ここが蜜を分泌する蜜房となっています。スミレという名前の語源は、その花の横から見た姿が大工が使う墨入れ(墨壺)に形が似ていることから付いたと言われていますが、諸説ありますので定かではありません。

スミレは日本に自生する多年草で、野山や森以外に街中でも見かけられます。典型的な虫媒花で、その花の蜜を求めてやってきた昆虫の体に付着した花粉が、次の花に移動して授粉するという仕組みです。けれど、実際にはこの方法で結実することは少ないと言えます。春の開花期を過ぎた夏から秋、環境が良ければ冬でも、閉鎖花と言って蕾の段階で自家受精して結実します。スミレが花を咲かせていないのに、種を作っているのを見かけるのはこのためです。

スミレ(すみれ・菫)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 5~12cm
耐寒性 強い
花色 紫、薄紫、白、ピンク、
開花時期 3~5月

スミレの咲く姿

スミレ科スミレ属の仲間には、葉の根元から直接花茎を出して花を咲かせる「無茎種」と、茎を長く伸ばしてその先に花を咲かせる「有茎種」とあります。スミレ(Viola mandshurica)は、前者の有茎種になります。

すっとスマートな印象のスミレときれいに鎮座したような姿のスミレがあるのは、日照や環境の問題ではなく、種類の違いでした。但し、スミレも自然交配が進んでいるので、純粋な有茎種、無茎種という分別も難しくなってきているようです。

 

スミレ(すみれ・菫)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
開花

スミレ(すみれ・菫)の栽培環境

日当たり・置き場所

スミレは日当たりの良い環境を好みますが、真夏の直射日光と高温多湿が苦手です。夏は半日陰になる落葉樹の下のような場所が好ましいです。

用土

スミレはあまり土壌を選びません。市販の培養土で問題なく育ちます。

スミレ(すみれ・菫)の育て方のポイント

水やり

プランターや植木鉢のスミレは、表面の土が乾いたらたっぷりと水やりをします。目安は鉢の底から水が出てくるくらいです。地植えのスミレは、敢えて与える必要はありませんが天候によって特に乾燥が続いた場合は水やりします。

肥料

スミレの開花が終わった5月から梅雨に入る前までと、冬の休眠期に入る前の10月頃に追肥を行います。

病害虫

スミレは春の開花後から梅雨の終わり頃にかけて、そうか病とうどんこ病が発生しやすいので、雨をできるだけ避けることが大事です。 また、アブラムシハダニなどの害虫が付きやすいので注意が必要です。

スミレ(すみれ・菫)の詳しい育て方

選び方

スミレは葉や花の生育が良く、根元から葉がしっかりとついているものが良いでしょう。

種まき

スミレの種まきは、根が伸びやすいので深さのある鉢やプランターを選びましょう。

植え付け

スミレの植え替えは、真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。腐葉土を漉き込んだ肥沃な土壌にしておけば、花付きも良くなります。

剪定・切り戻し

スミレの花を楽しむ場合は、花後、花ガラを茎の根元から摘み取ると、次の花を楽しめます。スミレの種を採取したい場合は、花ガラを摘み取らずそのままにして結実させます。

植え替え・鉢替え

スミレは根が大きくなるので、毎年一回り大きい鉢に植え替えた方がいいでしょう。

スミレは3~5月に、紫や薄紫、ピンク、白などの小さな可憐な花を咲かせます。

収穫

スミレの種は一年中収穫出来ます。花が咲いていなくても結実していることがあるので、注意して観察してください。

冬越し

スミレは冬は葉を落として休眠します。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

スミレは種で増やせます。こぼれ種でも増えます。

スミレの育て方のコツ

スミレは日本に自生する在来種の植物です。特に手間をかけずとも毎年花を咲かせてくれます。園芸分類では多年草ですが、2~3年で枯れてしまうので、長く楽しみたいのであれば、種を取って増やすようにしましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング