スミレ(すみれ・菫)の育て方|植物図鑑

植物名
スミレ(すみれ・菫)
学名

Viola mandshurica

英名
Violet
和名
菫(すみれ)
科名
スミレ科
属名
スミレ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国の東北部から東部一帯

スミレ(すみれ・菫)の特徴

スミレという名前は、スミレ科スミレ属の総称のように使われていますが、本来は「スミレ」と名付けられたViola mandshuricaのことを指します。mandshuricaとは中国を意味する言葉ですが、スミレは日本原産の植物です。日本の気候にあっているので、スミレの育て方はそんなに難しくありません。

スミレの花は形が特徴的で、花の後部が突き出して細長い袋状となっており、ここが蜜を分泌する蜜房となっています。スミレという名前の語源は、その花の横から見た姿が大工が使う墨入れ(墨壺)に形が似ていることから付いたと言われていますが、諸説ありますので定かではありません。

スミレは日本に自生する多年草で、野山や森以外に街中でも見かけられます。典型的な虫媒花で、その花の蜜を求めてやってきた昆虫の体に付着した花粉が、次の花に移動して授粉するという仕組みです。けれど、実際にはこの方法で結実することは少ないと言えます。春の開花期を過ぎた夏から秋、環境が良ければ冬でも、閉鎖花と言って蕾の段階で自家受精して結実します。スミレが花を咲かせていないのに、種を作っているのを見かけるのはこのためです。

スミレ(すみれ・菫)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 5~12cm
耐寒性 強い
花色 紫、薄紫、白、ピンク、
開花時期 3~5月

スミレの咲く姿

スミレ科スミレ属の仲間には、葉の根元から直接花茎を出して花を咲かせる「無茎種」と、茎を長く伸ばしてその先に花を咲かせる「有茎種」とあります。スミレ(Viola mandshurica)は、前者の有茎種になります。

すっとスマートな印象のスミレときれいに鎮座したような姿のスミレがあるのは、日照や環境の問題ではなく、種類の違いでした。但し、スミレも自然交配が進んでいるので、純粋な有茎種、無茎種という分別も難しくなってきているようです。

 

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング