スミレ(菫)の花の魅力。色や種類、咲く季節

山田智美

山田智美

このライターの記事一覧

公開日 :

春になると街や野山のあちこちで咲き始めるスミレ(菫)の花。その小さく可憐な姿は、見る人の心をほっこりさせてくれます。アスファルトの隙間で健気に咲いているスミレ(菫)の姿を見ると可愛くて暖かい気持ちになります。森の中で木漏れ日に照らされてひっそりと群生して咲くスミレ(菫)を見つけると、あまりの可愛さにときめいてしまいます。

目次

スミレ(菫)の基本情報

スミレ(菫)のお花はその可憐な姿とは裏腹に、実はとっても強健な植物です。野山や森のなかでひっそりと咲いているようなイメージがありますが、街なかの歩道の脇、ガードレールの下、道路のアスファルトの裂けめなど、身近な様々な場所で咲いています。  スミレ(菫) 学名:viola mandshurica  科名:スミレ科スミレ属  分類:多年草  原産地:日本、中国、朝鮮半島など  花期:3~5月  「スミレ(菫)」とは、スミレ(菫)の仲間の総称として使われていますが、本来はこのスミレ科スミレ属の1種類である「viola mandshurica」を指す名前です。mandshuricaは満州を指す言葉ですが、日本も原産地の一つです。  「スミレ(菫)=スミレの仲間の総称」でいいのですが、本当の本当のスミレ(菫)とは、スミレ大国日本に自生する「viola mandshurica」なんだってことを覚えておいていただけると嬉しいです。

スミレ(菫)の花はその可憐な姿とは裏腹に、実はとっても強健な植物です。野山や森のなかでひっそりと咲いているようなイメージがありますが、街なかの歩道の脇、ガードレールの下、道路のアスファルトの裂けめなど、身近な様々な場所で見かけます。

スミレ(菫)

  • 学名:viola mandshurica
  • 科名:スミレ科スミレ属
  • 分類:多年草
  • 原産地:日本、中国、朝鮮半島など
  • 花期:3~5月

「スミレ(菫)」とは、スミレ(菫)の仲間の総称として使われていますが、本来はこのスミレ科スミレ属の1種類である「viola mandshurica」を指す名前です。mandshuricaは満州を指す言葉ですが、日本も原産地の一つです。

「スミレ(菫)=スミレの仲間の総称」でいいのですが、本当の本当のスミレ(菫)とは、スミレ大国日本に自生する「viola mandshurica」なんだってことを覚えておいていただけると嬉しいです。

スミレ(すみれ・菫)

  • スミレという名前は、スミレ科スミレ属の総称のように使われていますが、本来は「スミレ」と名付けられたViola mandshuricaのことを指します。mandshuricaとは中国を意味する言葉ですが、スミレは日本原産の植物です。日本の気候にあっているので、スミレの育て方はそんなに難しくありません。

    スミレの花は形が特徴的で、花の後部が突き出して細長い袋状となっており、ここが蜜を分泌する蜜房となっています。スミレという名前の語源は、その花の横から見た姿が大工が使う墨入れ(墨壺)に形が似ていることから付いたと言われていますが、諸説ありますので定かではありません。

    スミレは日本に自生する多年草で、野山や森以外に街中でも見かけられます。典型的な虫媒花で、その花の蜜を求めてやってきた昆虫の体に付着した花粉が、次の花に移動して授粉するという仕組みです。けれど、実際にはこの方法で結実することは少ないと言えます。春の開花期を過ぎた夏から秋、環境が良ければ冬でも、閉鎖花と言って蕾の段階で自家受精して結実します。スミレが花を咲かせていないのに、種を作っているのを見かけるのはこのためです。

目次に戻る≫

「スミレ(菫)」を他の国の言葉で表現

■スミレ(菫)(日本語)  ■violette(フランス語)  ■violet(英語)  ■viola(イタリア語)  ■violeta(ポルトガル語)  ■Veilchen(ドイツ語)  ■Viooltje(オランダ語)   スミレ(菫)は学名が「viola」ですから、それに近い名前で呼ばれているようですね。綴りだけでも可憐な感じがします。

  • スミレ(菫)(日本語)
  • violette(フランス語)
  • violet(英語)
  • viola(イタリア語)
  • violeta(ポルトガル語)
  • Veilchen(ドイツ語)
  • Viooltje(オランダ語) 

スミレ(菫)は学名が「viola」ですから、それに近い名前で呼ばれているようですね。綴りだけでも可憐な感じがします。

目次に戻る≫

いくつ知ってる?スミレ(菫)の種類

スミレ(菫)は開花時、茎を伸ばさずに葉の上に直接花を咲かせる「無茎種」と、すっと伸ばした茎の先に花を咲かせる「有茎種」と二種類に分かれます。そのなかでも身近で見かけられるいくつかをご紹介します。  スミレ(菫)の無茎種 茎を伸ばさずに、葉っぱの上に直接花を咲かせるタイプです。葉っぱの上にスミレ(菫)の小さな花が鎮座しているようでようで可愛らしく、見ている人の心を和ませます。  エイザンスミレ 学名:Viola eizanensis アリアケスミレ 学名:Viola betonicifolia ノジスミレ   学名:Viola yedoensis  スミレ(菫)の有茎種 茎をすっと伸ばしその先に花を咲かせるタイプのスミレ(菫)です。茎が伸びるタイプは、すっと伸びた華奢な茎の先に俯くように花を咲かせる姿が、まるで恥じらっているかのようで愛らしいです。スミレ(菫)は全体的に柔らかく甘い香りが特徴ですが、特にニオイタチツボスミレは香水のような香りがします。  タチツボスミレ     学名:Viola grypoceras ニオイタチツボスミレ  学名:Viola obtusa アオイスミレ      学名:Viola hondoensis

スミレ(菫)は開花時、茎を伸ばさずに葉の上に直接花を咲かせる「無茎種」と、すっと伸ばした茎の先に花を咲かせる「有茎種」と二種類に分かれます。そのなかでも身近で見かけられるいくつかをご紹介します。

スミレ(菫)の無茎種

茎を伸ばさずに、葉っぱの上に直接花を咲かせるタイプです。葉っぱの上にスミレ(菫)の小さな花が鎮座しているようでようで可愛らしく、見ている人の心を和ませます。

  • エイザンスミレ 学名:Viola eizanensis
  • アリアケスミレ 学名:Viola betonicifolia
  • ノジスミレ   学名:Viola yedoensis

スミレ(菫)の有茎種

茎をすっと伸ばしその先に花を咲かせるタイプのスミレ(菫)です。茎が伸びるタイプは、すっと伸びた華奢な茎の先に俯くように花を咲かせる姿が、まるで恥じらっているかのようで愛らしいです。スミレ(菫)は全体的に柔らかく甘い香りが特徴ですが、特にニオイタチツボスミレは香水のような香りがします。

  • タチツボスミレ     学名:Viola grypoceras
  • ニオイタチツボスミレ  学名:Viola obtusa
  • アオイスミレ      学名:Viola hondoensis

目次に戻る≫

スミレ(菫)の花の季節

スミレ(菫)の花にどんなイメージを持っていますか。可愛らしい女性の例えに使われる他、「すみれ色」のスミレ(菫)など、何かを表現するのに使われることの多い花です。ちょっとイメージばかり先行しているような感じもします。実際のスミレ(菫)の花姿は見たことがないという方も多いのではないでしょうか。  スミレ(菫)の花が咲くのは春。桜の花が咲き誇り、みんなが頭上の桜に見とれている頃に、実は足元でひっそりと花を咲かせているのです。スミレ(菫)は、大体3月の下旬から5月くらいまで次々と咲き続けます。

スミレ(菫)の花が咲く季節を知っていますか?

可愛らしい女性の例えに使われる他、「スミレ色」のスミレ(菫)など、何かを表現するのに使われることの多い花です。ちょっとイメージばかり先行しているような感じもします。実際のスミレ(菫)の花姿は見たことがないという方も多いのではないでしょうか。

スミレ(菫)の花が咲くのは春。桜の花が咲き誇り、みんなが頭上の桜に見とれている頃に、実は足元でひっそりと花を咲かせているのです。スミレ(菫)は、大体3月の下旬から5月くらいまで次々と咲き続けます。

目次に戻る≫

 

\可愛いだけじゃない、スミレ(菫)の花の魅力をご紹介します!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「スミレ(菫)の花の魅力。色や種類、咲く季節」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

山田智美
山田智美

植物が好きで好きで、植栽設計、ガーデナー、生花店勤務を経て現在は、フリーランスの花屋「花や蜜」として活動中。「てのひらに森を」がテーマの花屋です。森の中にいるような、見ているだけで力が抜けていくようなお花を作り続けたいと思ってます。街中で突然お花を配る、「花ゲリラ棘」というゲリラ的花配り活動も不定期決行しています。

このライターの記事一覧

おすすめ