トリカブト(鳥兜)の育て方|植物図鑑

植物名
トリカブト(鳥兜)
学名

Aconitum

英名
Monkshood,Helmet flower
和名
鳥兜
科名
キンポウゲ科
属名
トリカブト属
原産地
日本、東アジア、北半球の温帯域

トリカブト(鳥兜)の特徴

トリカブトはキンポウゲ科トリカブト属に分類される北半球の温帯~亜寒帯原産の植物です。日本には約30種類ほどのトリカブトがあり、いずれも有毒です。

トリカブトは日本三大毒草(トリカブト、ドクゼリ、ドクウツギ)の一つで、根を始めとした全草に毒があります。

このように毒を持つ植物の代表格として知られるトリカブトですが、実は生け花で広く用いられる、ポピュラーで育てやすい園芸種でもあります。

そのため、毒草と聞いて栽培できるの?と思う方もいらっしゃると思いますが、トリカブトは花や葉の美しさから園芸品種が多くあり、売買も育てるのも問題ありません。

漢方では附子(ぶし)としてトリカブトの根が使われています。

開花時期は8月~10月で、湿度が高い森に主に生えています。

多年草で、冬は地上部を枯らして越冬します。20cmほどの矮性種から1mを超えるものまで、種によって草丈は様々です。

名前の由来にもなったように、兜のように見える独特の袋状をした花を咲かせます。

これはミツバチなど虫たちが奥まで入り込むことで効率的に授粉できるようにした工夫です。

ただし、花粉にも毒があるので、トリカブトが咲く季節になると養蜂家たちはミツバチを巣箱から出さないようにするそうです。

トリカブト(鳥兜)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50~80cm
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 あり
花色 白、紫、黄、緑、濃青
開花時期 8~10月

日本三大毒草のひとつ

「ドクウツギ」と「ドクゼリ」、そして「トリカブト」は日本三大毒草と呼ばれています。

ドクウツギは黒紫色の実に毒性があり、食べると呼吸困難を起こします。

ドクゼリはセリの葉やワサビの根に似ているため誤食が多く、呼吸困難、意識障害などをもたらします。

三種の中で最も毒性が強いのはトリカブトです。ただし、毒性を弱める処理をほどこせば麻酔薬や胃腸の薬として用いることができるようです。

漢方では乾燥させたトリカブトの塊根を附子(ぶし)として扱っています。

 

富士山はトリカブトの山?

子どもは誰に教わったわけでもないのに、富士山の絵を描けるようになっています。

私たちの記憶に深く刻みこまれている富士山ですが、実はトリカブトと深い縁があるようです。

トリカブトの根は、トリカブトで中毒を起こした際に顔がひどい表情になることから「附子(ぶす)」と呼ばれます。(生薬として扱う場合は附子(ぶし)と読みます)

富士山周辺には「オオサワトリカブト」がよく見られるため、「ぶす」が「ふじ」に転じ「富士」になったという説があるのです。

ちなみに富士山が最初に登場する文献は、奈良時代の『常陸国風土記』。ここでは「福慈(ふじ)」の字が当てられています。

 

トリカブトはなぜ危険なのか?

トリカブトの毒は口にさえ入れなければ基本的には大丈夫です。ただし、樹液のついた手を口元につけてしまう可能性もあるため注意が必要です。

トリカブトを扱うときは必ず手袋をつけ、使用後はよく洗っておきましょう。

トリカブトは多年草です。育てている時はよく注意していても、やがて存在を忘れてしまい、庭草の間に雑草のようにまぎれていることがあります。

根ごと引き抜かなければ、ずっと生え続けていることを覚えておきましょう。 最も危険なのは野山に出かけた時です。

ヨモギの葉やニリンソウによく似ているので、間違えて採取されることが多いのです。

トリカブトとヨモギは葉裏と茎の毛の有無や匂いで違いが分かると言いますが、一緒に群生していることがあるため、素人の採取は危険です。

トリカブトとニリンソウはほとんど見分けがつかないので、判断する場合は花を見ます。春頃に白い花が咲いている場合はニリンソウで、秋頃に花が咲いていればトリカブトです。

しかし、花がどちらも咲いていない時期があるので、やはり素人の採取は危険です。

トリカブトとモミジガサもヨモギと同じく葉に生えている綿毛の有無で判断しますが、環境によって綿毛が無い個体が存在する可能性があるので、素人の採取は危険です。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング