芝桜(シバザクラ)の育て方|植物図鑑

植物名
芝桜(シバザクラ)
学名

Phlox subulata

英名
moss phlox
和名
芝桜
科名
ハナシノブ科
属名
フロックス属
原産地
北米

芝桜(シバザクラ)の特徴

芝桜は、初夏になると地面を覆うこともあるほどの生命力が記憶に鮮明です。その力強さと、うすピンク色やうすむらさきのパステルカラーをした花とのギャップも魅力的です。また、卒業式や入学式のとき、通路を飾るために使われるおめでたい花でもあります。シバザクラは日光が大好きで、面倒な管理もなく初心者向けの花です。なんとなく庭にスペースが空いている、プランターで華やかな植物を育ててみたい、という方には最適ですよ。シバザクラは「匍匐」といって根を伸ばしながら成長していきます。春らしいパステルカラーをおうちに導入したい、という方にもおすすめです。

芝桜(シバザクラ)の詳細情報

園芸分類 草花
耐寒性 弱い
耐暑性 やや弱い
花色 ピンク
開花時期 4月~5月頃

芝桜(シバザクラ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
肥料
開花

芝桜(シバザクラ)の栽培環境

日当たり・置き場所

芝桜は、日当たりと風通しがよく、水はけがよい場所を好みます。

用土

水はけのよい、やや乾燥した土地に向きます。肥料はさほど必要としません。高温には強いものの、湿気に弱い性質です。

芝桜(シバザクラ)の育て方のポイント

水やり

芝桜は乾燥に強い草花です。土の表面が乾いてきたら水を与えます。水のやりすぎは根腐れのもとにもなりますのでくれぐれも注意しましょう。

肥料

花をつける前の時期(早春)と開花後(初夏)に化学肥料を少量与えれば十分です。花つきが悪くなるため、窒素分の少ないものを与えます。

病害虫

かかりやすい病害虫はハダニです。真夏、乾燥した条件下で発生します。時折上からざっと水をかけることでハダニの発生頻度を下げることができます。

芝桜(シバザクラ)の詳しい育て方

選び方

萎れておらず、ピンとした姿勢の苗、葉が乾燥しておらずみずみずしいものを選びます。可能ならば根が詰まりすぎていないかもチェックします。

種まき

鉢、地植え関係なく3月から5月、9月から10月に植え替えを行います。プランターや地面に複数の芝桜を植える場合、距離を離して植えつけましょう。

植え付け

植えつけの時に根をほぐしてあげると、根が眼詰まりすることなく元気に育ちます。また、広がって育つため株と株の間は15から20センチほど離して植えます。

仕立て方

3~4年した芝桜は枝が木化して、花つきが悪くなってきます。株元が盛り上がって、茎が地面から浮いてきたら、その部分に土を盛っておくと、しばらくすると新芽が芽吹きます。

剪定・切り戻し

芝桜は開花後に株の風通しを良くするため、葉が込み合っているところを中心に刈り込みます。特に地面に近い株元の方は蒸れやすいのでチェックしましょう。芝桜は乾燥に強いので、梅雨が苦手です。梅雨前に刈り込んでおくと、しばらくすると新芽が芽吹き、美しい株姿を保ちます。

芝桜は4月~5月に開花します。芝桜は匍匐性なので、地面一面にびっしりと咲く様子はとても美しい光景です。

夏越し

蒸れには弱いので、梅雨前に株を切り戻してスッキリとした姿にしておくと、夏越しします。

冬越し

芝桜は冬の寒さには強いので特別な冬越しの必要はありません。

芝桜の増やし方

時期:春に植え付けしたい場合は、前年の9月頃。秋に植え付けしたい場合は、前年の4月~6月頃。

適期:花が咲き終わっる6月頃か、9月~10月の秋ぐち。

【挿し芽】

3

挿し芽後の2、3週間はお水の吸収力が弱いため、ポットに土を入れて水で土を湿らせます。

土は、市販で売っている肥料がもともと入っている花用の土が手軽かと思います。

 

4

5cmほどの長さに茎を切ります。

 

6

下から約2cmの葉を切り落としてください。

 

5

ポットに、割りばしなどで穴を開けます。

 

7

あとは挿して、土で安定させてば完了です!

挿し芽を植え付けする場合は、根が張りやすいように20cmほど間隔を開けましょう。植え付けの時には、たっぷりお水を上げてください!

【株分け】

12

挿し芽と同じように、株分けの時、2.3週間はお水の吸収力が弱いため、ポットに土を入れて水で土を湿らせます。土は、配合するのは大変なので、肥料などミックスされている土がいいかと思います。

 

10

株を掘りあげて、2~4芽がつくようにカットします。

 

8

その時、枯れているところはすべてカットしてください。

 

11

あとは、土に挿すだけです!芝桜は、丈夫ですので、手でちぎって茎を半分植えるだけでも根付きやすので、寒くなるまでに根が張れれば大丈夫です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング