ラムズイヤーの育て方|植物図鑑

植物名
ラムズイヤー
学名

Stachys byzantina

英名
Lamb’s ears
科名
シソ科
属名
イヌゴマ属
原産地
トルコ・イラン

ラムズイヤーの特徴

ラムズイヤーは、トルコからイランににかけて分布する多年草で、近年香りの良いハーブとして人気の植物です。人気の秘密は特徴的な葉。楕円の形は良く見る葉の形ですが、表面はつるつるしておらず、厚みがありふわふわとした柔らかな乳白色の毛で覆われています。この白い毛が羊の毛に似ていることから「ラムズイヤー」の名前がつけられました。鑑賞する場合、葉だけでなく花も見ることが出来ます。葉の中心部から茎が直立に伸び、茎の中心部から先端に掛けて花が付きます。花色は紫、ピンクの淡い色。寒さには強く暑さに弱い傾向にあります。背丈は30cmから1mまで成長します。株で大きくなるので、2~3年に一度株分けが必要です。

ラムズイヤーの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~1m程度
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
花色 紫、ピンク
開花時期 5月~7月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング