マンデビラの育て方|植物図鑑

植物名
マンデビラ
学名

Mandevilla

英名
Mandevilla
科名
キョウチクトウ科
属名
マンデビラ属
原産地
中央、南アメリカ

マンデビラの特徴

キョウチクトウ科のマンデビラは春から秋まで続く長い開花期が魅力のつる性植物です。かつては「デブラデニア」の名前でも知られていました。 かつてはピンクの花がほとんどでしたが、品種改良が進み、白や赤、変化咲きのものも出回るようになりました。暑いさなかでも、つるをどんどん伸ばしていく活発な姿が魅力です。 春から秋、特に5月を中心に鉢物としてよく出回ります。冬越しもできますが、アサガオと同じ感覚で一年草として楽しむ人が増えているようです。

マンデビラの詳細情報

園芸分類 草花
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 赤、ピンク、白、黄など
開花時期 5月~10月頃

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング