マンゴーの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
マンゴー
学名

Mangifera indica

英名
Mango
和名
檬果
科名
ウルシ科
属名
マンゴー属
原産地
インド北部、マレーシア

マンゴーの特徴

トロピカルフルーツの代表格のマンゴーですが、濃厚な甘みや香りと鮮やかな色彩で南国を感じさてくれる果物です。常緑の高木で原産地では40mにもなります。花は総状花序と呼ばれる小さな花が房状で咲き、強烈な腐敗臭を放ちます。この腐敗臭で受粉を助けるハエを引き寄せています。果実の果皮は系統によって、緑・黄色・桃紅色などさまざまですが、果肉は黄色~オレンジ色です。大きさも多様で、長さ3~25cm、幅1.5~15cm、と開きがあり、その形は広卵形とも勾玉形とも表されます。寒さに弱く温室栽培が一般的ですが、奄美大島~沖縄、小笠原諸島では路地栽培が可能です。マンゴーの果実の出回時期は、温暖な土地でのハウス栽培や輸入などで一年中流通していますが、一番多い時期は7月になります。国内産は4月〜8月頃。

マンゴーの詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 原産地では40mにもなります。
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
開花時期 4~6月

腐敗臭がするマンゴーの花

マンゴーの花の香りが開花後に強烈な腐敗臭を放つのは、クロバエ科などのハエを受粉昆虫として引き寄せるためなのですが、マンゴーの原産地の熱帯地域では気温が高過ぎてミツバチが生息できないからなのだそうです。種の存続のための苦肉の策だと考えられますが、何となく気の毒な感じがしますね。熱帯地域ほど気温が高くない日本では、ハウス栽培されているマンゴーの受粉にはミツバチが活躍しています。

 

聖なるマンゴー

インドでは紀元前からマンゴーの栽培が始まっていたそうですが、仏教では聖なる樹とされ、ヒンドゥー教では万物を支配する神「プラジャーパティ」の化身とされています。仏教の聖なる樹とは、「お釈迦さまがその樹の下で休まれた」といわれるマンゴーの他に、アソカノキ、インドボダイジュ、サラノキ、エンジュからなる「仏教五木」のことです。また、プラジャーパティとは、ブラフマー神(仏教名では梵天)が生み出した10人の創造神のことをさします。「聖なる樹」と「神の化身」それほどにもマンゴーは古代のインドの人々から大切にされていた果樹だったということがうかがえます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング