山紫陽花(ヤマアジサイ)の育て方|植物図鑑

植物名
山紫陽花(ヤマアジサイ)
学名

Hydrangea serrata

英名
Hydrangea
和名
山紫陽花(ヤマアジサイ)
科名
アジサイ科
属名
アジサイ属
原産地
日本

山紫陽花(ヤマアジサイ)の特徴

山紫陽花は日本の各地で古くから自生している野生種の紫陽花です。丸く小さめの花房と小ぶりな葉が繊細な印象を与えます。細い枝の先に、たわわな花が咲き満開で膨らむ様子は可愛らしさと華やかさを見せてくれます。

山紫陽花は日本の風土に良くあい耐寒性と耐暑性もあり、置き場所も直射日光を避けた日当たりの良い場所から半日陰まで育てやすい植物です。仕立て方によっては鉢植えで小さく育てる事も出来ます。

紫陽花は別名「七変化」と呼ばれる事からも想像がつくように、花色を鮮やかに変化させます。色の変化は土の性質(成分)を吸収する事によって植えられた土によって色を変化させる特徴がある植物です。

山紫陽花は有毒の為、花や葉を口にしない様に注意が必要です。

山紫陽花(ヤマアジサイ)の詳細情報

園芸分類 庭木、落葉
草丈・樹高 50㎝~150㎝
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い
耐陰性 やや強い
花色 青、紫、ピンク、白、グリーン
開花時期 5月~6月

山紫陽花(ヤマアジサイ)の種類

山紫陽花(ヤマアジサイ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
開花
剪定

山紫陽花(ヤマアジサイ)の栽培環境

日当たり・置き場所

山紫陽花(ヤマアジサイ)は直射日光は苦手な為、半日陰で風通しが良い場所が適しています。

温度

山紫陽花(ヤマアジサイ)は耐暑性、耐寒性はあり、日本の気候や気温に合う植物のため、温度管理にはそれ程の注意は必要ありません。

用土

黒土を中心として腐葉土と、通気性を良くするために鹿沼土を混ぜ合わせた用土が適しています。

山紫陽花(ヤマアジサイ)の育て方のポイント

水やり

山紫陽花(ヤマアジサイ)は水切れを嫌う植物の為、土の表面が乾いたらたっぷりとお水をあげましょう。
夏の水やりは気温が上がらない朝と気温が下がり始める夕方に2回たっぷりとお水やりをする事が肝心です。
冬は休眠期に入る為、それ程のお水やりは必要なく、土の表面が乾く頃にたっぷりとあたえましょう。

肥料

肥料は開花前に葉が出はじめる前の3月頃に化成肥料を根から離れた場所に与えましょう。根から近すぎると、根がやけてしまうため遠くに離して入れる事が大切です。また、開花後9月頃に肥料を与えます。

病害虫

うどんこ病、斑点病、モザイク病、アブラムシ、カイガラムシ等。

山紫陽花(ヤマアジサイ)の詳しい育て方

選び方

葉が沢山ついていて生き生きとしていて、花の先が萎れてない株を選びましょう。葉の先が黄色くなっているモノや葉がポロポロと落ちてしまう株は、根詰まりや根腐れなどを起こしている事もありますので、選ばない様にしましょう。

植え付け

2~3年に一度、鹿沼土と黒土、腐葉土などを混ぜて通気性のいい土に植え替えます。

剪定・切り戻し

<夏の剪定>
5月~6月に咲き終わった紫陽花はなるべく7月の終わり頃までに花さきを剪定する様にしましょう。

8月~11月までは紫陽花が育ちやすい気温の為、新しい花芽が育ちやすくなります。

剪定をする場所は花が終わった枝の2節目を剪定します。

背丈を小さく育てたい場合は2節目よりも深く剪定しても大丈夫ですが、あまり深く切り詰め過ぎると花芽が付きにくくなりますので、剪定の場所がわかりにくく迷ってしまった場合は紫陽花全体の1/3を目安に剪定すると花を咲かせてくれる新芽が育つと思います。

<冬の剪定>
冬に行う剪定の時期は2月~3月、真冬から早春にかけての休眠期に剪定します。

この季節に行う剪定は次に花が咲く季節の為に花芽が出来ない細い枝や、前年に花をつけた古い枝を根元から剪定します。この時の注意点は新しく出ている芽の枝先は切らないようにする事。次の花が咲かなくなってしまいます。

<剪定をしない場合>

山紫陽花は秋色になる花を楽しむ事が出来る品種もあります。

その場合は開花が終わった後の剪定はせずに、そのまま花色の変化を楽しむ事もできます。

その場合、花は切らずにそのまま育てているとノーブルな色合いの秋色紫陽花に変化してきます。

その際に気をつける事は直射日光に当てない事、湿度を乾燥気味にすることがコツです。

剪定をせずに秋色紫陽花を楽しんだ株からも季節になれば花芽が出て来ますが、丈が大きくなり花数が少なくなるります。

山紫陽花(ヤマアジサイ)は5月~9月に小さな花が手毬状に集まった直径3㎝程の房になり可愛らしい花をさかせます。
色は青、紫、ピンク、淡いピンク、グリーン、白、などがあり秋になると色をクラシカルな秋色に変化させます。

収穫

8月頃から、花に見えるガクが秋色に変化しドライフラワーでも楽しむことが出来ます。
ドライフラワーにした山紫陽花(ヤマアジサイ)はそのまま飾っても素敵ですが、リースなどにしても楽しむことができます。

夏越し

乾燥を嫌う為、夏は土の表面が乾いたら、たっぷりとお水を与え乾かさない様することが肝心です。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

山紫陽花は挿し木で増やす事が出来ます。
節を3つ残して剪定し、上2節は葉を残して葉先を半分くらい斜めにカットし、下1節は葉を落とし水に浸します。
挿し木をする鹿沼土などの用土を植木鉢に準備し、全体的に土を湿らせておきます。
湿らせた土に挿し木する枝を節1つ分差し込みます。
挿し木後は日の当たらない日陰で管理し、土が乾かない様に水が切れない様に管理します。1ヶ月後位に芽が出てきたら根がついた事になります。新芽が数枚出るまでは日陰で管理し、新芽が生き生きと成長し始めたら、少しずつ日に当てると良く育ちます。

土の成分によって色が変わる紫陽花

紫陽花は土によって花の色が変化する性質をしているので、土壌の酸度(ph)の調整によって色が変化します。花の色を調整するには、この酸度のコントロールが必要になってきます。酸性が多い場合は青色の花に、アルカリ性が多い土ではピンク色に変化します。

アルカリ性の土ではピンクの花に
山紫陽花はアルカリ性(石灰)の多い土壌では、花の色がピンク色になります。ピンク色の紫陽花の色を保ちたい場合は、開花する前の4月~5月頃に(一年に一度だけ)紫陽花の株元に一握りの苦土石灰を巻くと効果的でピンク色の花を保つ事が出来ます。もともと紫陽花は弱酸性の用土を好む為、アルカリが強すぎると根を傷めてしまいますので加減が必要です。

酸性の土では青色の花に
山紫陽花は酸性の多い土壌では青色に変化します。日本の土壌は火山の影響と雨が多く降り、空気中に含まれる二酸化炭素を吸収した雨が酸性を含む雨の為、庭植や外で管理すると青色に変化しやすくなります。より鮮やかな青色に花色を保ちたい場合は、4月~5月の開花前に、500倍~1000倍に薄めた硫酸アルミニウムを3週間おきくらいに2回程与えるのも効果的です。

紫の紫陽花にしたい場合は?

紫の紫陽花にしたい場合は、つい紫はピンクと青色を混ぜたもの?と思いがちですが、アルカリ性と酸性が程よく混ざった中性の土壌の場合は紫になるわけではなく、ピンクの紫陽花を(アルカリ性)を酸性の土に植え替えると赤みがかった紫色に、青色の紫陽花(酸性)をアルカリ性の土に植え替えると青みがかった紫色に変化します。

白の紫陽花の場合の土壌の成分は?

白の場合は、もともと色が変化する性質ではないため、土壌の成分で色が変わる事がありません。紫陽花が本来好む弱酸性の土壌を準備して植えてあげると綺麗な白色の紫陽花に育ちます。市販の紫陽花用の土を使うと簡単に準備することが出来ます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング