グミの育て方|植物図鑑

植物名
グミ
学名

Elaeagnus

英名
Silverberry Oleaster
和名
茱萸(ぐみ)
科名
グミ科
属名
グミ属
原産地
東アジア

グミの特徴

グミとはグミ科グミ属の仲間の総称で、その品種は50~70種あると言われています。常緑も落葉もあります。日本で一般的に流通しているのは、主にナワシログミとナツグミです。ナワシログミは常緑低木で、葉の表面は銀葉、裏面が茶色という特性を持ちます。ナツグミは落葉低木で、名前の通り夏に酸味の強い赤い果実がなります。他にも園芸品種で斑入り種もあります。

枝を横に広げていくので、樹形もきれいです。銀葉のものは風で葉がそよぐ姿が、オリーブを思わせるような美しさです。非常に強健で、海辺などの風が強い場所でも日当たりが良ければよく育ちます。

グミの果実はほとんどが食用になります。余談ですが、お菓子のグミとは何の関係もありません。

グミの詳細情報

園芸分類 庭木、常緑、落葉
草丈・樹高 1m~3m
耐寒性 有(品種による)
耐暑性
耐陰性 有(品種による)
花色 白~薄黄
開花時期 4月~5月頃

グミは日本の山野にも自生する落葉あるいは常緑の低木です。グミの仲間はほとんどの種類で、果実を食用とすることが出来ます。夏期に楕円形の赤い実を付けます。半透明のような光沢を帯びた見た目で、酸味の強い果実です。その昔は子供たちがその果実をおやつにしたと言います。酸味と時折渋みの強い果実もあります。

 

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング