ツピタンサス(シェフレラ・ピュックレリ)の育て方|植物図鑑

植物名
ツピタンサス(シェフレラ・ピュックレリ)
学名

Schefflera pueckleri
・Syn. Tupidanthus calyptratus

科名
ウコギ科
属名
シェフレラ属(旧ツピタンサス属)
原産地
北インド~中国

ツピタンサス(シェフレラ・ピュックレリ)の特徴

かつてウコギ科ツピタンサス属カリプトラタスという一属一種を構成する植物でしたが、現在はシェフレラ属に統合されシェフレラ属ピュックレリとされています。現在でも流通する場合は旧属名のツピタンサスが一般的です。見た目は同属のブラッサイア(シェフレラ・アクチノフィラ)にそっくりですが、ツピタンサスのほうがブラッサイア(シェフレラ・アクチノフィラ)よりも葉が細長く、小さい印象があります。また、側脈(葉脈の細い部分)の走り方がブラッサイア(シェフレラ・アクチノフィラ)よりも細かいように感じます。艶のある葉は日光によく当てるとより一層美しくなります。

ツピタンサス(シェフレラ・ピュックレリ)の詳細情報

園芸分類 観葉植物
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 あり

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング