ディッキアの育て方|植物図鑑

植物名
ディッキア
学名

Dyckia

英名
Dyckia
科名
ブロメリア科
属名
ディッキア属
原産地
ブラジル

ディッキアの特徴

※この図鑑はディッキア属に関するものです。各品種につきましてはそちらをご覧ください。

ディッキアは南米に自生しているグラウンドブロメリア(岩や土に生えているブロメリアのこと)で、多肉質な葉と葉の縁に生えているノギが特徴です。

暑さ寒さ乾燥に強く、非常に育てやすい植物です。

同じブロメリア科であるティランジアの趣味家だけでなく、多肉植物の趣味家にもディッキアを収集、育種している方がいます。

有名な育種家にビル・ベイカー氏、ブライアン・チャン氏などがいます。

ディッキアは交配種が豊富で、両育種家が交配して誕生させた株はクオリティが高く、人気が高いです。

葉色も純白なトリコームに覆われたものや緑葉のもの、深い赤色をしたものなど様々です。

自生地としては中南米となっていますが、特に有名なのがブラジルで、多くのディッキアがブラジルで発見されています。

環境としては岩場の乾燥したところから、川岸など様々です。

乾燥に強いため水やりをあまりしなくても問題なく育ちますが、実は水好きのため小さいうちは水はけの良い用土に植え込み、水やりの回数を増やすと発根しやすくなります。

ディッキアの詳細情報

園芸分類 熱帯植物
耐寒性 普通(5℃以上)
耐暑性 強い
耐陰性 なし

トリコームについて

トリコームとは葉の表面や裏側に生えている白色の細かい毛のようなもののことです。

トリコームはティランジアが有名だと思いますが、実はディッキアにも生えています。

ディッキアはティランジアと異なり根から水を吸収する割合が高いため、フサフサとした長いトリコームがあるものは少ないですが、似たような岩石地帯などに自生しているため、夜露や濃霧などを逃さないために生えていると思われます。

また、強い日光から身を守る役割があると思われます。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング