【グラウンドカバー、寄せ植えにおすすめの多年草】斑入りチドメグサ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

斑入りチドメグサ

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「斑入りチドメグサ」

チドメクサは、セリ科(ウコギ科)の多年草の野草。最近「クリスタルコンフェッティ」という斑入り品種がポット苗で流通しています。

とても小さな葉は小指の爪くらいのサイズです。這うようにマット状に生長していくので、グランドカバーとして利用できる他、垂れるように仕立てることができるので、寄せ植えの縁取りやハンギングバスケットの素材として使うと素敵です。

とても小さな葉は小指の爪くらいのサイズです。這うようにマット状に生長していくので、グランドカバーとして利用できる他、垂れるように仕立てることができるので、寄せ植えの縁取りやハンギングバスケットの素材として使うと素敵です。

 

これは昨年のハンギングバスケット。クレマチス・ペトリエイを植えたハンギングの足元の土隠しに斑入りチドメクサを植えました。

これは昨年のハンギングバスケット。クレマチス・ペトリエイを植えたハンギングの足元の土隠しに斑入りチドメクサを植えました。

 

今年のハンギング。すっかり主役と脇役が逆転してしまいましたが、これはこれで気に入っています。そろそろクレマチスを救出した方がよいかもしれませんね。  水切れさえ注意していれば、育て方はとても簡単な斑入りチドメクサ。明るい斑で隣の植物を引き立ててくれるおすすめの植物です。

今年のハンギング。すっかり主役と脇役が逆転してしまいましたが、これはこれで気に入っています。そろそろクレマチスを救出した方がよいかもしれませんね。

水切れさえ注意していれば、育て方はとても簡単な斑入りチドメクサ。明るい斑で隣の植物を引き立ててくれるおすすめの植物です。

 

▼編集部のおすすめ

 

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【グラウンドカバー、寄せ植えにおすすめの多年草】斑入りチドメグサ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】おしゃれな鉢ですぐ植え替え アートストーン&ソーサーS ブラック + evo みどりが鮮やかになる土 2L+ evo 水はけをよくする鉢底石 2L セット

販売価格:3,443円(税込)

【送料無料】おしゃれなプランターで野菜を育てよう!LOVEGREEN STOREオリジナル家庭菜園ベーシックセット アートストーンプランター ラウンドM ブラウン+ evo 野菜ハーブの土12L

販売価格:5,995円(税込)

【送料無料】まとめて購入がお得!evo 野菜ハーブがおいしくなる土12L 4袋セット

販売価格:6,820円(税込)

SPECIAL

おすすめ

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A