使い勝手がいい!赤玉土の基本的な使い方や種類・特徴について

松本卓

松本卓

このライターの記事一覧

公開日 :

その他の赤玉土の使い方

赤玉土は園芸以外でも使われています。一番多いのはメダカを入れたビオトープの底砂としての使い方です。

赤玉土は園芸以外でも使われています。一番多いのはメダカを入れたビオトープの底砂としての使い方です。  まず、赤玉土を振るいにかけ、微塵を取り除きます。

まず、赤玉土を振るいにかけ、微塵を取り除きます。

 

水を入れて残った微塵を洗い流します。この際、ザルなどがあると便利ですが、バケツなどに入れ何度も水を替えることで洗い流すことができます。

 

水が透明になるまで洗えば、底砂として使うことが出来ます。

目次に戻る≫

 

植物の栽培に慣れてくれば赤玉土だけを使用して育てることも出来るようになりますが、基本的に赤玉土は他の土と混ぜ合わせて使うものなので、自分の栽培環境や栽培スタイルに合わせて土を調合してみてください。きっとワンランク上の園芸の楽しみ方が出来るはず。

 

▼関連記事

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「使い勝手がいい!赤玉土の基本的な使い方や種類・特徴について」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

松本卓
松本卓

趣味はチランジアの管理と爬虫類の世話。些細なきっかけでチランジアを育て始めたが、チランジア好きが派生して現在は日本ブロメリア協会にも所属。チランジアは小型で花の綺麗なものが好きで、チランジアを眺めているときが至福のひと時。最近の悩みは自宅で育てているチランジアが多くなりすぎて置き場所が無くなってきたこと。

このライターの記事一覧

おすすめ