寒さに強く長持ちする花「miite(ミーテ)」が新登場!育て方や飾って楽しめる魅力をcheck![PR]

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

愛らしい花をたくさん咲かせるサントリーフラワーズのこの秋の新商品「miite(ミーテ)」は2018年9月中旬から販売予定。今回は、ミーテの育て方や飾って楽しめる魅力をご紹介します。

新商品のmiite(ミーテ)とは?

ミーテは、ナデシコ科ナデシコ属です。名前の由来や特徴って?

可愛い名前の由来

イタリア語でmiteは、「穏やか」を意味する言葉。穏やかな安らぎのひと時をみなさんにもたらしますように。そんな願いを「miite」の響きに込めました。

寒さに強い花

寒さにとても強いため、関東以西ならば屋外で冬越しが可能です。

一輪一輪が長く咲く花

咲き進むにつれて花色が変わるミーテは、一輪一輪が長く咲きます。花色は優しく上品な色のさくらピンクと濃いピンクのバイカラーが優雅なラズベリーローズの二種類。

miite(ミーテ)をもっと知る! >>

 

miite(ミーテ)を育ててみよう!

基本

水やり…土の表面が乾いたら、鉢底から流れるまでたっぷり。

置き場所…半日以上、直射日光の当たる屋外。

第一歩!植え付け方法

<植え付け時の株の数の目安>

・直径30cmの丸型のプランターの場合 2~3株

・横幅65cmの長方形(角型)プランターの場合 3~4株

ミーテは生長してくると春には株が大きくなります。最初は隙間が空きすぎかな?と思うかもしれませんが、しばらくするとこんもりと大きく生長します。上記の植え付け株数を目安にプランターと土を用意して植え付けましょう。

秋は株がまだ大きくないので、小鉢で楽しむのもおすすめです。

使う土は草花用培養土などの新しい土を使用しましょう。

長い期間花を楽しむ!花がら摘みのやり方

終わった花(花がら)を摘んであげると、新しい花を咲かせようとするので、花数が多い株に生長していきます。

たくさん咲いてきて株が混みあってきたら、風通しよくするために花を根元から少し剪定してあげましょう。剪定した花はフラワーベースに挿して楽しむことができます。ミーテは生けても花持ちがよい草花です。

早速、miite(ミーテ)を育ててみよう! >>

 

miite(ミーテ)の3つの楽しみ方

一輪の花が長く咲くだけでなく、長い期間次々と花を咲かせるミーテ。一緒に過ごす時間が長いからこそ、様々な魅力に触れてみませんか?

秋は小鉢で楽しめる

株がまだ大きくない秋は、小鉢で花を楽しむのがおすすめです。基本は屋外で育てて、ちょっと家の中を飾りたいときに玄関や窓辺に移動させると◎

切り花でも長く花を楽しめる

一輪一輪が長く咲くため、花が増えてきたら2~3輪摘み取ってお部屋に飾ってみましょう。小さな花瓶や小皿に生けても素敵。

花の色の変化を楽しめる

咲き始めから咲き終わりにかけて花色が変化していきます。花数が多くなると、とても綺麗なグラデーションを楽しむことができます。

 

寒さに強く、花も長く咲くmiite(ミーテ)。管理方法も比較的簡単で初心者さんでも育てやすく、秋から冬のガーデニングにもおすすめの一苗!

屋外でも室内でも長く花を咲かせるミーテを今年は楽しもう。

 

miite(ミーテ)の販売店はこちらから! >>

 

 

IFEX 日本最大級200者が出店!花・植物・ガーデンの商談展

▼関連ワード

「寒さに強く長持ちする花「miite(ミーテ)」が新登場!育て方や飾って楽しめる魅力をcheck![PR]」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ