青山フラワーマーケット ティーハウス ひまわりをテーマにした南青山本店限定イベント~Flower Wine Nightの魅力

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

青山フラワーマーケット ティーハウス南青山本店限定で毎月行われているイベント~Flower Wine Night に参加してまいりました。

6月のテーマは「Earlyひまわりと柑橘プレート、レモンイエロー白ワイン会」です。

「花とワインがコラボするこのイベントは鉄板もの!!」とワインフィッターの山田マミさんがおっしゃるとおり、Flower Wine Night は開催から6年目の現在も毎回多くのリピーターの方で賑わっています。

今回、青山フラワーマーケット ティーハウスさんにご理解ご協力をいただき、その魅力をたっぷり取材させていただくことができました。

 

青山フラワーマーケット ティーハウス南青山本店~生命力あふれる癒しの空間

青山フラワーマーケット ティーハウス南青山本店は、皆様ご存知のお花屋さん「青山フラワーマーケット」さんが運営するカフェです。

地下鉄表参道駅A4出口より徒歩1分の場所にあるそのカフェは、”Living With Flowers Every Day の体感”をコンセプトに、店内は花が生まれ育つ”温室”をイメージしてつくられたそうです。

フラワーショップの奥にある青山フラワーマーケット ティーハウスに入った私は、体全体にマイナスイオンを感じ、ふわっと香る植物の香りと水の流れる音に癒され、なんとも心地よい空気感に包まれました。

天井が高く、空間いっぱいにグリーンが広がっているのですが、シュガーバイン、アイビー、ポトスなどのグリーンはもちろん全部本物。人が気持ちよく感じる空間で植物たちものびやかに生き生きと育っていて、そして広がる店内には、季節のお花が自然の中に咲いているようにレイアウトされています。今回訪れた時には「芍薬」と、イベントのテーマフラワー「ひまわり」が美しく輝いていました。

 

切り花の芍薬と、育つグリーンのコラボレーション。グリーンを育てながら、季節の切り花をアレンジすることができるアイデアあふれる器の使い方に驚き感動しました。

 

そしてまた、笑顔で迎えて下さるスタッフの方一人一人の表情から「花が好き。グリーンが好き。この空間が好き。この仕事が好き。」の気持ちがあふれ出ているように感じました。      

カフェ全体が、お花とグリーンから生じる生き生きとした生命力に溢れており、訪れるすべての人を幸せで満たされた気持ちにしてくれるのだと思いました。

そんな場所には自然に足が向いて何度でも行きたくなりますよね。この空間にいるだけで、都会の喧騒を忘れて心から癒されるのです。

 

お花屋さんに聞く~「季節のお花を楽しむオシャレなポイント」

花とワインのコラボイベント~Flower Wine Night は、青山フラワーマーケット ティーハウス南青山本店スタッフさんによる「季節のお花紹介」からスタートします。

6月のテーマーフラワーは「ひまわり」です。ひまわりサマーサンリッチシリーズから3種をセレクト。

サマーサンリッチレモン45、サマーサンリッチマンゴー50、サマーサンリッチオレンジ45。

最後につく数字は何を意味するかわかりますか?答えはなんと、「種を蒔いてから花が咲くまでの日数」だそうです。会場からは、「えー。そうなんだ!!」の声がたくさん聞こえました。

 

ひまわりを可愛くアレンジするコツ

切り戻しや水替えのポイントに加えて、アレンジする時のコツも優しく丁寧に教えてくれます。

ひまわりと一緒に飾ることでお互いの良さを引き出すグリーン(スモークグラス)もご紹介いただきました。スモークグラスを合わせることで、ひまわりのまっすぐな茎のラインとは違う動きが出ますね。グリーンがあるとないとでは、全然違います。

写真は左から、サマーサンリッチマンゴー50、サマーサンリッチレモン45、サマーサンリッチオレンジ45、スモークグラスです。

 

「茎の長いひまわりを背の低い器にいける時は、カットした茎をグリーン代わりに使って添えるといいですよ。」と、アドバイスをいただきました。まるでひまわりのカクテルみたいですね。茎のこんな使い方、本当にオシャレですよね。

 

世界に一人の「ワインフィッター」~山田マミさんコーディネートによるワイン

ソムリエなら知ってるけど、「ワインフィッター」って聞いたことありますか?

実は「ワインフィッター」は、山田マミさんが代表を務めていらっしゃるLa coccinelle(ラ・コクシネル) の登録商標なのです。

山田さんのお言葉を借りて説明させていただくと、「ワインフィッター」とは、あなたとワインをつなぐワインの仕立て屋。ワインのある心豊かな生活という服を、オーダーメードで仕立てる人。のことだそうです。世界でたった一人しかいない「ワインフィッター」が、こちらの山田マミさんということなのです。

山田さんは、ワインが飲み手の口に運ばれるまでに関わったすべての人たちの情熱と喜び、苦労と涙も含むたくさんの想いを「横顔の見えるワイン」として飲み手のみなさんにお伝えしたいと考え、店舗を持たない自由なスタイルでワインのコーディネート販売、ワインの楽しさを伝える様々なイベントプロデュースなどを行っています。

ワイン会「Flower Wine Night」は、ワインスクールのような堅苦しいものではありません。日常生活にもっと気軽にワインを取り入れることができるように「人とワインをつなぐ」そして、「ワインが人と人をつなぐ」ことを大切にしています。

提供:青山フラワーマーケット ティーハウス

今回はひまわりに合わせて、キリッと冷やした辛口白ワインとレモンイエロー色のリキュールをセレクト。一緒にいただくワンプレートお料理の中でどの料理がどのワインに合うかも丁寧に教えて下さりました。会場からは、「合う合う~。」の声が聞こえました。

ワインフィッター山田マミさんのワインに対する情熱とこだわり、マミさんのお人柄すべてにおいて、人気が集まる理由ををたくさん発見することができました。

▼山田マミさんが代表をされているLa coccinelle(ラ・コクシネル)のホームページはこちら


「季節の食材を使ったワンプレート」~食と花とワインのコラボレーション

6月のワンプレートは、こちらもひまわり色にちなんで、「柑橘系のフルーツ」がテーマになっています。オシャレなウッドプレートにアレンジされたお料理は食べてしまうのがもったいないくらいです。

青山フラワーマーケット ティーハウス南青山本店のキッチンスタッフさんが、本日のメニューをご紹介してくださります。

「それぞれのワインに合う一品」を教えていただきながら、ゆっくりと楽しんでご馳走になりました。なぜ合うのか、その理由を教わりながらいただくことはとても奥深く、また一味違います。「美味しい~♡」の声がたくさんあがっていました。

 

青山フラワーマーケット ティーハウスさんご自慢のフレッシュハーブティー

お花とワインのお教室終了後に、フレッシュハーブティーをいただきました。お花とグリーンに囲まれた癒しの空間でワインとお食事を美味しくいただいた後に、タイミング良くさっとサーブされるフレッシュハーブティー。ほのかに甘いハーブの香りに包まれ極上の時間を過ごせます。

 

 

お花とお気に入りのワインをお土産に

そして、先ほどまで各自の机に飾られていた「ひまわり」は、グリーンとともに持ち帰り用に姿を変えてプレゼントしていただけます。

気に入ったワインはその場で即購入可能。山田さんに相談しながら自宅やプレゼント用に配送手続きもできます。

 

盛りだくさんの充実90分

お花とグリーンに囲まれた最高の癒し空間で行われるイベント~Flower Wine Night は、本当に盛りだくさん充実の90分間でした。

情熱あふれる最高のパフォーマンスがある場所には、人は何度でも集まるのですね。皆様もぜひ、旬の花と食材とワインを楽しむ贅沢な夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。女性が多い様子でしたが、男性も楽しめると思います。とても人気があるイベントなので、ご予約はお早めに。

青山フラワーマーケット ティーハウスさんのホームページはこちら

提供:青山フラワーマーケット ティーハウス

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「青山フラワーマーケット ティーハウス ひまわりをテーマにした南青山本店限定イベント~Flower Wine Nightの魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

『取材・レポート』デイリーアクセスランキング

おすすめ