6月15日の誕生花|タチアオイ(立葵)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

6月15日の誕生花は「タチアオイ(立葵)」です。「タチアオイ(立葵)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

6月15日の誕生花

6月15日の誕生花は「タチアオイ(立葵)」。

「タチアオイ(立葵)」の花言葉は「豊かな実り」「野望」。

 

タチアオイ(立葵)について

科・属  アオイ科・ビロードアオイ属
和名  立葵
英名  Holly hock
学名  Althaea rosea
原産地  アジア
開花期  6月~8月頃

 

タチアオイ(立葵)の特徴

タチアオイ(立葵)は耐寒性、耐暑性ともに優れている丈夫な草花です。タチアオイ(立葵)が咲くと夏到来を感じますね。ピンク、黄色、濃い紫色などの花はハイビスカスにも似ていますが、アジア原産なのでどことなく和の雰囲気が漂います。 タチアオイ(立葵)は毎日、次々と新しい花を咲かせ、2ヵ月近く咲き続けてくれます。花穂の下から上へと順々に咲いていく「咲き上がる」性質を持っています。タチアオイ(立葵)は 2mを超す草丈になり、根も広く張るので、できるだけ間隔をあけて種まきするようにしましょう。

タチアオイ(立葵)の花期は6月~8月頃で、約2か月かけて穂の一番下の花から一番上の花まで咲ききります。タチアオイ(立葵)は、本来は二年草または宿根草(多年草)ですが、品種によっては一年草のものもあります。

 

タチアオイ(立葵)の種類

タチアオイ(立葵)は、ハイビスカスのような一重咲きの品種以外にも八重咲きの品種や、それよりも花びらが多いピオニー咲きの品種もあります。花色は赤やピンク、白に近い色が多くありますが、黒紫のような色もあります。

葉にも種類が多く、葉先が5つに割れて、切り込みの深い品種と浅い品種があります。

 

タチアオイ(立葵)の花

タチアオイ(立葵)は縦にまっすぐ茎を伸ばし、たくさんの花をつけます。こぼれ種でも発芽しやすく、丈夫な植物です。背が高くなるイメージがありますが、草丈の低い種類もあり、花壇などにも利用されやすい植物です。大きくなるものは、2mほどにもなり、背丈にかなり大きさの差があります。このように茎の長さが立った人の背丈を超えるほどよく伸びるからこの名前がつけられたともいわれています。大きいものは支柱を立てておかないと、少しの風でも倒れてしまいます。

 

てっぺんの花が咲くと梅雨が明ける

タチアオイ(立葵)は、茎の下の方の蕾から順番に咲いていきます。咲き始めは梅雨のはじまり頃で、てっぺんの花が咲くと梅雨が明けると言われています。

 

薬草として伝わってきたタチアオイ(立葵)

タチアオイ(立葵)は、中国から薬草として持ち込まれたのが始まりで、現在も薬草としても使われています。採取した花を日干しで乾燥させたものが蜀葵(しょっき)と呼ばれる生薬の一種です。また、西洋でも古くから使われてきたようで、最古のハーブの一種として、薬品のない時代は咳止めなどとして使われていたようです。

 

▼タチアオイ(立葵)の育て方など詳しい情報はこちら

タチアオイ

  • 耐寒性、耐暑性ともに優れている丈夫な1年草です。タチアオイが咲くと夏到来を感じますね。ピンク、黄色、濃い紫色などの花はハイビスカスにも似ていますが、アジア原産なのでどことなく和の雰囲気が漂います。 毎日、次々と新しい花を咲かせ、2ヵ月近く咲き続けてくれます。花穂の下から上へと順々に咲いていく、いわゆる「咲き上がる」性質を持っています。 2mを超す草丈になり、根も広く張るので、できるだけ間隔をあけて種まきするようにしましょう。地上部の枯れた冬にもたまに水やりすると、残った根やこぼれ種からまた花を咲かせてくれます。

▼タチアオイ(立葵)の関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「6月15日の誕生花|タチアオイ(立葵)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ