東京・南青山に佇む『logi PLANTS&FLOWERS』唯一無二の‟格好良い”花屋

渡邊ありさ

渡邊ありさ

このライターの記事一覧

公開日 :

南青山の閑静な街の裏道に、隠れ家のように佇む『logi PLANTS&FLOWERS』。ご夫婦でお店を営むディレクターの岸大介さん、そしてデザイン及びスタイリングを担当される宇田陽子さんを訪ねました。

お店の成り立ち

コンセプトは‟ココロニノコルハナ”

服飾関係の短期大学に通っていた宇田さん。カラーコーディネートの勉強の一環で花屋のアルバイトを始めた際、ブーケやアレンジメントを初めてつくった時に衝撃的に楽しかったと言います。洋服をデザインし、立体として作りあげていくことが好きだった宇田さんでしたが、服飾とはまた違った刺激を感じ、魅了され、そこから花の世界にのめり込んでいきます。

一方、岸さんは、長年広告写真の仕事に従事していました。元々花や植物にも興味があった岸さんは、自ら購入した植物を撮影するなどして作品を作っていましたが、当時より宇田さんのことを「身近にいる天才じゃないかと思った。」と言います。

お互いの考えや感性が一致をしたおふたりは、共に花の仕事をしていくことを決意し、表参道の美容室の一角でお店をスタート。『logi PLANTS&FLOWERS』を立ち上げます。『logi PLANTS&FLOWERS』では、元々宇田さんが主としていた広告、CM等の撮影、会場装飾などの空間演出がメインの仕事となりますが、個人のギフトなど、花植物に関する幅広い仕事をされています。

 

岸さんが名付けた『logi PLANTS&FLOWERS』の店名の由来は、3つの‟ロジ”から来ています。

まずは、行く道の途中意味する「路次」。そして業界で季節ものを意味する「露地ものには、季節を感じられるものを作るという想いが込められています。そして最後は「logic」。これは、logicからcを取り除くことで、頭でっかちにならずに、直感的に心に響くものつくりをしよう!という想いが込めらたものです。

「僕らのコンセプトは‟ココロニノコルハナ”です。大手の花屋には大手の花屋の仕事があって、僕らには僕らのやるべきことがある。セオリーはないですけど。ただひとつ正解があるとすると、受け取った方に喜んでもらえるかどうかいうところ。そこに僕たちの価値観がどうすり合っていくか。」と、岸さんは、店名の名前の由来と共に、この仕事に対する想いを教えてくれました。

 

『logi PLANTS&FLOWERS』の花

こだわりの仕入れ

個性豊かな植物が並ぶ店内。主に仕入れを担っている岸さんに、そのこだわりについて尋ねると、「僕は、これ誰が買うねん!っていう、見たことのない花をなるベく買うようにしています。お店って、テーマパークじゃないですけど、来てくれた人が楽しかったと思って帰ってくれたら良いと思っているんです。市場には新しい花植物がどんどん入ってくるわけですが、変わった花は使いづらいので、多くの人が買うわけではない。でも、彼女ならこの花で何を作るだろう、どう活かすだろうという期待も込めて、僕は買っています。」と、教えてくれました。

すると宇田さんも「コンセプトとしては1輪でも画になる花です。メイン同士をぶつけるなど、いわゆる花のベーシックなスタイルには基づいていないうちの作風に合わせて、インパクトが強い花植物を集めてきてくれています。あとは、季節や産地により、その時々の良いものを。お野菜と一緒で、花も旬のものには生命力があるんです。そういった様々な要素がマッチした花は光って見えます。」と、そのこだわりについてお話しくださいました。

また、生産者さんにもこだわっている『logi PLANTS&FLOWERS』。「誰々さんのこれが欲しいです」と、生産者さんを指名して購入することも多いそう。

 

独自の世界観を創りあげるインスピレーション

独自の世界観を確立する『logi PLANTS&FLOWERS』。そのインスピレーションの源について、お二人に伺いました。

「どちらかと言うと人の手の入ったものより、自然の造形美に惹かれます。今年の夏も和歌山の海に太陽が照り付けてキラキラしている景色と出会って、すごいなと思って。そういった自然の造形美、そこに感動することが多いですね。それがどのように自分の作品に繋がっているのかは自分でも分からないのですが。

また、昔から、常にイメージを膨らませることは無意識にしていましたね。例えば、この服はあんな所に着ていったら素敵だなとか、これはあそこに置いたら素敵だなとか。テレビコマーシャルを観て、私だったらこうする!とか。そうして今、テレビコマーシャルのお仕事を任せてもらう機会がありとても嬉しいです。ああ、やっと少し手が届いたなと思いますね。」と、宇田さんは語ります。

 

一方、岸さんは「僕は20代の頃に、半年くらい写真を撮るためにバックパッカーで海外をまわっていたことがあって、何かをやるためにできないことはないんじゃないのかと思えました。当時の経験はイメージソースにもなっていますし、物事の乗り越え方の源にもなっているとも感じています。そういう意味でも、今でもなるべく毎年海外に行くようにしています。楽しい!嬉しい!と、感じる自分たちの心が物を作っていると思うんです。もっと楽しいことをやろうとか、美味しいものを食べようとか、そういう経験がイメージソースとして自然と出てくるものじゃないかなと。」と、お話くださいました。

 

後悔のない仕事を積み重ね、お客様に喜んでいただく

花屋という仕事をしていくなかでの喜びについては、やはりお客様が喜んでくれることだとおふたりは言います。それは、相手のことをいかに理解し、相手の持つイメージを自分たちの創造力で超えていけるか、という日々の奮闘の中から生まれてくものです。

さらに宇田さんは「後悔しない仕事を常に積み重ねていくこと。」と答えてくれました。作り手としてのプライドや信念を曲げることなく、ひとつひとつの仕事に真摯に向き合う宇田さんの姿勢が感じられます。

 

店内は生花のみならず、ドライフラワーも並びます。一般的にはあまりドライにされないものを『logi PLANTS&FLOWERS』ではドライにしています。この日はあいにく品切れでしたが、バナナのドライにも挑戦されたのだとか。

可愛くよりも、格好良く花を飾ってほしいと言う宇田さん。まさに、ここで出会うドライフラワーはどれも、茎やその面持ちから無骨さが感じられ、美しくて格好良い。

 

アートワークブランド『PAVILION!』

2014年に立ち上げた宇田さんのアートワークブランド『PAVILION!』。店内には数々の作品が、美しくディスプレイさえれています。クライアントありきの『logi PLANTS&FLOWERS』の仕事とは別に、これら『PAVILION!』の作品は、100%宇田さん自身が作りたいもの。

 

向かって左側に置かれるガラス製の器はオリジナルで作っているもの。作りたいものをつくる、やりたいものをやるというアートワーク活動は、宇田さんのエネルギーにも繋がると言います。

 

まるで時間が止まったような、不思議な感覚に陥ります。こちららは店頭での販売も行っております。『PAVILION!』の立ち上げ当初と、近年のデザインは、趣が変わってきていると言います。その瞬間毎に宇田さんの琴線に触れた植物たちによる唯一無二の作品を、是非店頭でじっくりとお楽しみください。

 

さいごに

これからの『logi PLANTS&FLOWERS』

少し広いところに店舗を引っ越したいという共通の想いがあるおふたり。特に宇田さんは、広い店内でフロアごとに世界観を分けたお店を作ることを思い描き、目標としています。『logi PLANTS&FLOWERS』の世界観をより深く感じられる空間、なんて素敵でしょう!

そんな中で、岸さんは「ずっと1店舗でやりたいと考えてきたけれど、最近は、店舗を増やしてもいいのかなと思うこともありますね。もちろん、想いや質の濃度は薄めたくないので、いたずらに規模を広げることは考えていませんが。何よりも、形態はどうあれ、最終的には、来ていただいたお客様に、楽しかった!と言ってもらえる店をずっとやり続けたいですね。また、僕らは花の生産者さんに支えられて仕事ができているので、僕らももっと花と共に生産者さんの名前を人々に伝えられたら。そうして少しでも循環できるものがあればいいなと考えています。」

それぞれに思い描く未来。どうやらおふたりの頭の中には、やりたいこと、叶えたいことが溢れるように湧いてきているようです。今後の『logi PLANTS&FLOWERS』からも目を離すことが出来ません!

 

『logi PLANTS&FLOWERS』のショップ情報はこちら!

logi PLANTS&FLOWERS

  • 最寄駅 : 表参道駅
  • 住所 : 南青山3-14-10 シプレ南青山B1

何事にもとらわれず
自由な発想で一つづつ
ココロニノコルハナの新しいカタチ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「東京・南青山に佇む『logi PLANTS&FLOWERS』唯一無二の‟格好良い”花屋」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

渡邊ありさ
渡邊ありさ

大学では美術史、アートマネジメントを専攻。卒業後は広告業界に従事しつつ、花好きな母親の影響を受けフラワーアレンジメントを学ぶ。趣味の旅行で国内外の花屋を巡り、花との関わりについて様々なインスピレーションを受け、現在は、花・植物との暮らしの豊かさと、そこに携わる人の想いを広く伝えるべく日々奮闘。LOVEGREENでは、お花屋さんを取材した記事を主に作成しています。

このライターの記事一覧

おすすめ