クリスマスブッシュの花言葉|花の特徴や切り花の扱い方

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

クリスマスブッシュの花言葉や花の特徴、切り花の扱い方をご紹介。クリスマスブッシュは、真っ赤に色づくガクが印象的なオーストラリア原産の常緑樹。

目次

クリスマスブッシュの花言葉

クリスマスブッシュの花言葉は「清楚」「気品」

目次に戻る≫

クリスマスブッシュについて|基本情報

科・属 クノニア科・ケラトペタラム属
英名 Christmas bush、New South Wales Christmas bush
学名 Ceratopetalum gummiferum
原産地 オーストラリア
開花期 5月~7月

目次に戻る≫

クリスマスブッシュとは|花の特徴と開花時期

クリスマスブッシュ canva

クリスマスブッシュは、オーストラリアニューサウスウェールズ原産のクノニア科の常緑樹です。現地では11月~1月頃が花の季節で、クリスマスの頃に木一面が真っ赤に染まるため、クリスマスを告げる花として親しまれています。この星形の花に見える赤い部分は花弁ではなくガクです。まずはじめに白い花が咲き、花が終わるとガクが徐々に肥大しながら赤く色づく仕組みです。

オーストラリアでは冬が開花時期のクリスマスブッシュですが、日本で栽培すると初夏が開花時期です。暑さや乾燥には強いですが、寒さにはさほど強くありません。冬までの栽培期間を十分にとって、冬を迎えるまでにしっかり根付かせれば地植えにできる地域もありますが、寒冷地では鉢植え栽培の方が適しています。

目次に戻る≫

切り花のクリスマスブッシュ|手入れのコツ

クリスマスブッシュの切り花は、11月~12月にかけて花屋さんに並び、色は白っぽいものから真っ赤なものまであります。丈は短いもので30cm前後、長いものだと1m以上のものもあるため、花束やアレンジのほか、大きなディスプレイ用の花材として使われています。

水あげさえきちんとしていれば、ガクという性質上、花持ちは良い花材です。丈が長いものは枝ものなので、茎を一文字や十文字にカットして生けると水の上りが良くなります。また、黒ずんだ部分はこまめに取り去ると美しい見た目を保ちます。

目次に戻る≫

 

▼クリスマスブッシュの関連記事

 

▼前向きな花言葉一覧

 

▼366日誕生花一覧

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「クリスマスブッシュの花言葉|花の特徴や切り花の扱い方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧