LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「か」からはじまる観葉植物1-6件 / 全6件

カラテア

  • カラテアはクズウコン科カラテア属に分類される熱帯アメリカ原産の観葉植物の総称です。約100種あると言われており、葉の模様が美しい種類が多いです。人気なのはカラテア・マコヤナという種類で、ブラジル原産のカラテアになります。葉が薄くビロード感があり、生長が早いため新しい葉を次々と展開させます。

    カラテアの近縁種にマランタ属とモノタグマ属がありますが、葉模様による区別は困難でモノタグマがカラテアとして流通していることも多いです。

カポック(シェフレラ)

  • ホームセンターなどでもよく売られているカポック(シェフレラ)は中国南部~台湾が原産の観葉植物です。カポック(シェフレラ)とは本来パンヤノキのことを指しますが、シェフレラ・アルボリコラの葉がパンヤノキに似ていることからカポック(シェフレラ)という流通名がついています。斑入り品種のホンコンカポックやドワーフなど複数の品種が作られています。

    日本でも暖かい地域であれば屋外越冬可能で、2階建てのビル程度の高さまで育っているものもあります。観葉植物の中でも育てやすいので、観葉植物の入門種としても最適です。

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる精霊が宿るといわれています。ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    ガジュマルのその太い幹とまるく厚みがある濃い緑色をしている葉は生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

    ガジュマルには尖閣ガジュマルやパンダガジュマルなどの種類があり、葉の形などが違います。

カラテア・ランキフォリア

  • カラテア・ランキフォリアはクズウコン科に属する観葉植物です。

    本種はlanci-(槍形の) folia(葉)という種小名の通り他種に比べて細長い葉をつける種で、よく似た模様を持つカラテア・マコヤナともかなり違う雰囲気があります。

    葉縁が波打つ明るいグリーンの葉表にはダークグリーンの縁取りと交互に入る大小の模様があり、葉裏は濃い赤紫色をしています。

    カラテアは昼は葉の付け根から曲がり葉表を見せていますが、夜になると葉が上に向かって立ち上がり葉裏を見せるため、昼と夜で違う色彩の雰囲気を楽しめるという変わった特徴があります。この動きを「休眠運動」といいます。

カラジューム

  • カラジュームはサトイモ科カラジューム属に分類されている植物の総称です。

    葉模様や葉色が様々で、観賞価値が高いものが多いです。

    日光によく当てることで葉が美しく染まるのですが、徐々に日光に馴らしていかないと葉焼けをしてしまい、この工程が少し難しいと言われています。

    また、寒さに強いという訳ではないため、冬場室内に入れたときに日光が不足すると葉が傷んだり葉色が褪せてきてしまったりします。

    冬の間も日光によく当てることで葉色が美しくなるだけでなく、茎がしっかりとし、葉に厚みも出てくるようになるそうです。

カシワバゴムノキ(フィカス・リラータ)

  • リラータは熱帯アフリカが原産のフィカスで、葉が柏の葉に似ていることからカシワバゴムの木とも言われています。

    波打つ広く薄い葉が魅力的で、フィカスの中でも葉が大きい部類になります。

    性質は強健なため、観葉植物初心者の方にもおすすめです。リラータの様な葉を持った観葉植物は中々ないので、お部屋に飾れば存在感抜群だと思われます。

人気の植物ランキング